ヒルスシロカブト

25005_ext_25_0.jpg
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:昆虫綱甲虫目 カブトムシ亜科 ヘラクレスオオカブト属
原産国:メキシコ
分 布:中央アメリカ
体 長:オス 40~90mm / メス 50~60mm
寿 命:成虫:3~6ヶ月 (幼虫期:10ヶ月~1年半)

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(野生下)

樹液

食事(飼育下)

昆虫ゼリー、蜜など

特 徴

お子様から大人まで人気がある、このカブトムシの魅力はなんといっても、黄金に輝く体と力強く生えた角である。仲間のシロカブト種の中では1番大型になり、寿命も長い。ヘラクレスオオカブトムシと同属で、その中でも一番の貴重種といわれている。

なれやすさ ★☆☆☆☆

基本的には人になつく動物ではないため、見て楽しむ観賞用の生き物である。 長い角は敵を突き上げるためのものであるため、クワガタのようにはさまれる心配はない。体の両脇を持って移動すれば、危険も少なく、カブトムシへの負担も軽い。触りすぎることによって、ストレスを与えたり体力を消耗させてしまい、寿命が短くなる場合があるため注意すること。

飼育のしやすさ ★★★★☆

大きく高価なカブトムシとして知られるヒルスシロカブトも、飼育方法に関してはほかのカブトムシと変わらない。体が大きいため、飼育ケースは大きいものを用意するとよい。ケースが狭すぎるとストレスとなり、寿命が短くなる場合もある。 日本の気温・湿度ともに高い気候はあまり得意ではないため、夏場は直射日光の当たらない涼しいところが好ましい。(適温23~28℃)秋から冬にかけては、パネルヒーターなどで20℃以下にならないように保温する。 マットの湿度が高すぎると、カビや雑菌が繁殖する原因となるため、表面が少々乾燥した程度の状態にする。食事に関しては、大きな体に比例して食欲旺盛。いつも昆虫用ゼリーを切らすことがないようにしよう。

おすすめ度 ★★★★☆

黄金に輝く体色が魅力のこのカブトムシは、1度は育ててみたい男のロマン。寿命は比較的長いが、繁殖にも挑戦してみると、またさらに違った魅力と出会えるだろう。幼虫期も長いため、じっくりと楽しめる。貴重種でもあるので、大きく育てて楽しもう。

このページを印刷

ペット図書館トップ