コキンチョウ

24979_ext_25_0.jpg
約23g
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:スズメ目 カエデチョウ科 コキンチョウ属
原産国:オーストラリア
体 長:オス 約13cm / メス 約13cm
体 重:オス 約23g / メス 約23g
寿 命:5~6年

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(野生下)

種子類などの穀物食

食事(飼育下)

主食:フィンチ専用混合フード 副食:野菜(小松菜・チンゲン菜など)

特 徴

羽色がほかのオーストラリアフィンチ類の中で最も鮮やかなコキンチョウ。頭部の色が赤い種は“アカコキン”、黒は“クロコキン”、黄は“キコキン”と呼ばれる3種類が存在し、その色変わりもいる羽色多彩な鳥。尾の羽の先が二股に分かれているのも特徴。

なれやすさ ★★☆☆☆

コキンチョウのヒナはほとんどショップに出回ることがなく、成鳥から手のりにすることも難しい。人間に対して臆病な性格の個体が多いため、無理に触ったりすることは鳥にストレスを与えるばかりでなく、体力消耗にもつながる。よって、静かに色や動きを楽しむ観賞用の鳥といえる。繁殖に成功すれば、ヒナから育てることで手のりになる個体もいる。

飼育のしやすさ ★★★☆☆

オーストラリアフィンチ類は寒さに弱く、秋口の朝晩、冬、春先の朝晩などにはペットヒーターを用意し、室温を25℃前後に保温しておくこと。繁殖させる場合、自分で子育てをしない親鳥に関しては、子育ての上手な十姉妹を仮母にするケースが多い。

おすすめ度 ★★★★☆

羽色が鮮やかで、色のバリエーションも多彩。パステル系のカラーも多く、観賞用として申し分ない美しさである。ほかの一般フィンチと比べて、基本的な飼育方法は同じだが、少々飼育難易度が高いといわれている。

このページを印刷

ペット図書館トップ