パンサーカメレオン

24976_ext_25_0.jpg
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:有鱗目 トカゲ亜目 イグアナ科目 カメレオン科 カメレオン属
分 布:マダガスカル(近隣の島のレユニオン島・モーリシャス島にも分布していることも知られている)
体 長:オス 約52cm / メス 約35cm

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(野生下)

昆虫類

食事(飼育下)

昆虫(コオロギ・ジャイアントミールワーム・セミ・バッタなど)

特 徴

海岸線の暖かく湿度の高い地域を好んで生息し、高原などの標高の高い地域にも少数生息しているといわれている。生息地や個体差により体色が違い、とくにオスは個体差が激しく違いが見られる。それに比べてメスは同じ色系の濃暗色で、似通っている。ほかのトカゲと大きく違うところは、体色の色が変えられるということ。カメレオンは自分の体色をそのときの気分によって変色することができる。獲物をとるための長い舌も特徴的。

なれやすさ ★★★☆☆

徐々にならしていくと警戒しなくなり、自ら手に乗ってくることもある。人の顔を判別することができるようである。温厚な性格で人に攻撃してくることはまずないが、触り過ぎてストレスをかけると弱ってしまうので注意すること。

飼育のしやすさ ★★☆☆☆

カメレオンの中でも環境適応能力が比較的高く、飼育しやすいといわれている。高さのあるケージを用意し、カメレオンの大きさにあった植物などをレイアウトすると、見た目も楽しく、カメレオンも喜ぶだろう。紫外線は必要だが、強力なライトを使用する場合は目を傷める危険性があるため、日陰などの逃げ場を多めにつくってあげる必要がある。

おすすめ度 ★★★☆☆

カメレオンの中では人気がある種で、色彩のバリエーションが非常に多く、好みのカラーを選ぶことも楽しみのひとつ。カメレオン特有の、環境や気分によって体色変化が見られることも大きな魅力といえるだろう。

このページを印刷

ペット図書館トップ