ニホンイシガメ

24960_ext_25_0.jpg
450g~1.5kg
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:カメ目 ヌマガメ科 イシガメ属
原産国:日本
分 布:日本の本州・四国・九州とその近辺の島々
体 長:オス 8~12cm / メス 15~22cm
体 重:オス 82~260g / メス 450g~1.5kg
寿 命:30~50年

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(野生下)

雑食性/水草・魚類・貝類・昆虫・ミミズなど

食事(飼育下)

主食:水ガメ用配合飼料 副食:乾燥エビ・アカムシなど(そのほか小魚・野菜・果物・水草など)

特 徴

日本固有種のカメで、背甲は黄褐色で腹甲は黒色をしている。縁甲板の後部と臀甲板がギザギザした形になっていることと、背甲にある1本のキールが特徴。比較的泳ぎが上手である。昔から幅広くペットとして親しまれているカメで、日本だけでなく海外でも非常に人気のある種類。幼体は“ゼニガメ”と呼ばれ、販売されることが多かったが、近年では外来種のカメが出回ったり、環境が悪化したために、日本での生息数が減少しており、ゼニガメとして販売されている種類のほとんどがクサガメである。 水のきれいな地域にしか分布せず、水質のよい環境を好むため、飼育下でも水の腐りに注意。 雑食性で何でもよく食べるが、偏食しないようバランスのよい食事を心がける必要がある。

なれやすさ ★★★☆☆

温厚で人なつこい性格で、エサを手から食べるようになるなど、飼い主によくなれる個体も多い。最初は臆病で警戒心が強いため、あわてず少しずつ優しく接してあげよう。あくまで爬虫類なのでなれた個体でも、激しいスキンシップはカメの負担やストレスとなる場合があるので注意。

飼育のしやすさ ★★★☆☆

幼体は比較的デリケートで、とくに水質の悪化に弱いため、こまめな水替えを心がけよう。やや強めの紫外線を要するため、日光浴や紫外線ライトを設置して適度な紫外線放射をすること。必ず陸場をつくり、日光浴以外にも皮膚病の予防のため、甲羅干しができるようにホットスポットを設置してあげよう。

おすすめ度 ★★★★☆

人によくなつき、性格は温厚なカメ。活発な一面もあり、楽しみながら飼育できる種類といえる。日本だけでなく海外でも非常に人気がある。きれいな水質を好み、多少強い紫外線が必要なため、清潔な環境を心がけること。暖かい季節は日光浴をさせてあげよう。

アドバイス

水質悪化に弱いため、こまめな水替えを行う。

このページを印刷

ペット図書館トップ