テディモルモット

24956_ext_25_0.jpg
700~900g
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:ゲッ歯目 テンジクネズミ科 テンジクネズミ属
原産国:改良品種のため、野生には存在しない。
体 長:オス 20~30cm / メス 20~30cm
体 重:オス 900~1200g / メス 700~900g
寿 命:6~7年

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(飼育下)

主食:モルモット専用フード・牧草 副食:野菜(小松菜・ニンジン・キャベツなど)・果物(リンゴなど)

特 徴

ノーマルモルモットの改良品種であるため、野生には存在しておらず、アメリカで発見された突然変異である。ちぢれた体毛が特徴的で、見た目は“レックス”という品種と非常によく似ているが、テディはアメリカ、レックスはヨーロッパで発見された種である。カラーバリエーションも豊富。テディモルモットは、アメリカンとアビシニアンの2タイプを、繁殖させつくり出された種類なので、それぞれ毛質、毛づやも違う。 <毛質> ・アメリカン系=やわらかい毛質 ・アビシニアン系=かためで若干長いごわついた毛質 <毛づや> ・ノーマル ・サテン=光沢がある

なれやすさ ★★★★★

モルモットは人になれるまで臆病な性格の個体が多いが、優しくゆっくりと接してあげることによって、非常によくなついてくれる。声でコミュニケーションをとる動物なので、食事やおやつをねだったり、淋しがったりするときに、“ピーピー”と鳴いて、アピールする姿がとても可愛い。モルモットが嫌がったり、驚いたりすることをしないよう心がけることが、なれさせるポイント。

飼育のしやすさ ★★★★☆

体の中でビタミンをつくり出しにくい動物なので、ビタミン不足になりやすい。モルモット専用ペレットを与え、日ごろからバランスよくビタミン摂取できるようにしてあげること。モルモットは湿気に弱いので、湿度が高かったり不衛生にしたりすると皮膚病になりやすい。日ごろから、通気性のよい衛生的な環境づくりを心がける。水を使ったシャンプーは必要なく、ストレスや体力の消耗につながるので、基本的には厳禁。(例外を除く)長毛種と違い、抜け毛の激しい時期以外は、とくにブラッシングは必要ないが、皮膚病や害虫の早期発見にもつながるので、健康チェックの一環として周期的に行うとよいだろう。 ケージの外(室内)に出して遊ばせる場合、モルモットはゲッ歯類なので、飼い主の目の届かない所で物をかじったり、隙間に入り込んだりする習性がある。電気コードなどの危険な物や、かじられると困る物は必ず隠し、入ってはいけない隙間はふさいでおくなど、モルモットにとって安全な環境にしてあげること。観葉植物には毒性のあるものが多いので注意すること。

おすすめ度 ★★★★★

ちぢれた毛が可愛らしく、カラーバリエーションも豊富。また、2タイプの毛質、毛づやがあるので、好みの個体を探すのも楽しみのひとつ。モルモットは人間になれる子が多いので、幅広い年齢層の人たちに人気。

アドバイス

皮膚病になりやすいので、ビタミンの摂取や湿度管理に注意し、定期的な体調チェックで早期発見・治療を心がけることが必要。

このページを印刷

ペット図書館トップ