ショートモルモット(イングリッシュモルモット)

24921_ext_25_0.jpg
700~900g
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:ゲッ歯目 テンジクネズミ科 テンジクネズミ属
原産国:基本的に野生には存在しない。
改良地:南米
体 長:オス 20~30cm / メス 20~30cm
体 重:オス 900~1200g / メス 700~900g
寿 命:6~7年

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(飼育下)

主食:モルモット専用フード・牧草 副食:野菜(小松菜・ニンジン・キャベツなど)・果物(リンゴなど)

特 徴

イングリッシュモルモットは最もよく知られているモルモットで、短毛種であるため、ペットショップなどでは“ショートモルモット”という名で販売されることもある。アメリカでは“アメリカンモルモット”とも呼ばれる。野生には存在しておらず、ペルーテンジクネズミ・パンパステンジクネズミの家畜個体と思われる。毛質はノーマルと、ツヤのあるサテンの2パターンある。さまざまなカラーや種類が作出されており、アビシニアン・テッセル・ペルビアン・クレステッド・シェルティー・テディーなどのほか、体毛の少ないスキニーギニアピッグもモルモットの種類である。繁殖は通年であり、1度の出産で2~4匹の子供を産む。

なれやすさ ★★★★★

はじめは警戒して臆病な個体が多いが、一般的に人なれしやすく、とても社交的。最初は怖がらせないように段階を踏んで徐々に接していくと意外と早くなれる。なれた個体は、寂しがって飼い主から離れようとしなかったり、後をついて来たりする。声でコミュニケーションがとれる動物で、エサをねだったり、かまってほしいときには“ピューピュー”と一生懸命鳴いてアピールする姿が非常に可愛らしい。

飼育のしやすさ ★★★★☆

基本的な飼育は難しくないが、体内でビタミンCを合成することができない動物なので、飲み水にビタミン剤を混ぜたり、生野菜・果物を適度に与え、バランスよくビタミンを摂取させる必要がある。ビタミンが欠乏すると、ストレスや病気に対しての抵抗力が突然低くなってしまう危険性がある。バランスのとれた食事を与える以外にも、日ごろからペットが落ちついた環境づくりを心がける必要がある。また、暑さと湿度に弱いため、温湿度管理をしっかり行うこと。

おすすめ度 ★★★★★

人なれしやすく社交的な性格で、楽しくコミュニケーションをとることのできる動物。カラーや種類が豊富なため、自分の気に入った種類を見つけることも楽しみのひとつ。可愛い声で感情表現してくれるところもまた、大きな魅力である。

アドバイス

皮膚病になりやすいので、ビタミンの摂取や湿度管理に注意し、定期的な体調チェックで早期発見・治療を心がけることが必要。

このページを印刷

ペット図書館トップ