クリーミーラインジャンガリアン

24916_ext_25_0.jpg
30~40g
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:ゲッ歯目 ネズミ亜目 ネズミ科 キヌゲネズミ亜科 ヒメキヌゲネズミ属
原産国:ドワーフハムスター系の改良品種であるため、基本的に野生には生息していない。
体 長:オス 7~12cm / メス 6~11cm
体 重:オス 35~45g / メス 30~40g
寿 命:2~2年半

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(飼育下)

主食:市販のハムスター専用フード 副食:野菜(小松菜・キャベツ・ニンジンなど)・果物(リンゴなど)・動物性たんぱく質(チーズ・煮干しなど)

特 徴

ドワーフハムスター系ハムスターから品種改良され、背中に薄茶のラインが入る種。比較的新しいカラーで、女性に人気が出てきている。ゴールデンハムスターと違い、足の裏と尾が毛でおおわれていることも特徴のひとつである。夏毛から冬毛に生え変わる際、白っぽく体色が変化する個体が多いが、飼育下の温度や環境によってあまり目立った変化がない場合もある。繁殖は通年であり、1度の出産で1~9匹(平均5匹)の子供を産む。

なれやすさ ★★★★★

全体的におっとりとした性格の多い種類のハムスター。ドワーフハムスター系の中ではおとなしい個体が多いため比較的早くなついてくれる種類である。個体差によって、臆病な性格や気の強い場合もあるため、慌てず優しくゆっくり接していくこと。抱っこするときは、驚かせたり落としたりしないよう、低い体勢で正面から両手ですくうようにするとよい。

飼育のしやすさ ★★★★★

基本的な飼育方法はジャンガリアンハムスターと同じである。体が小さいため室内での飼育もあまり場所をとらず、飼育費用も比較的低価格ですむ。手間も少なく、最近ではさまざまなハムスター飼育用品が販売されているため、初心者のかたも安心して楽しめる動物といえる。複数のハムスターを同じケージで飼育する場合は、相性の合った個体同士かどうか観察し、合わないようであれば1匹で飼育するのが無難である。相性が合わないと、傷つけ合ったり殺しあいのケンカをしてしまうこともあるので注意する。

おすすめ度 ★★★★★

小さな体でチョコチョコする動きや、手でエサを持って食べる仕草が非常に可愛らしい。飼育も比較的容易なため、幅広い層に人気がある。夜行性ではあるが、飼育していくうちに人の生活リズムに合わせて活動するハムスターもいる。ハムスターの中では比較的新しく改良されたカラーバリエーションで、淡いカラーが女性のかたに人気急上昇中。

このページを印刷

ペット図書館トップ