オオハナインコ

24903_ext_25_0.jpg
375~550g
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:オウム目 インコ科 オオハナインコ属
原産国:ニューギニア、オーストラリア、ソロモン諸島周辺
体 長:オス 約35cm / メス 約35cm
体 重:オス 375~550g / メス 375~550g
寿 命:40~50年

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(野生下)

果実や種子、木の実や芽、花など

食事(飼育下)

主食:インコ・オウム専用混合フード 副食:野菜(青菜・小松菜など)・果物(リンゴ・みかんなど)

特 徴

森林があるニューギニア、オーストラリアなどのサバンナに生息しているオオハナインコ。オスは緑地に赤や黄などが入り、メスは赤地に青が入る。オスとメスでは羽色が全く違うため判別は容易。頭がよいので、飼い主の気持ちをよく理解するが、逆に傷つきやすいともいわれている。おしゃべりが上手で、短い言葉をたくさん覚える。

なれやすさ

オスはおとなしく、のんびりとした性格に比べ、メスはオスよりも活発。陽気ではあるが、感情の起伏があるため気を付けること。ヒナから飼育すればなれることが多いが、なれていない成鳥をなつかせるのは難しい。また利口で傷つきやすいため、優しく接してあげてほしい。

飼育のしやすさ

大型インコであるため、ケージは大きなものが必要。ただし、大きすぎて必要以上に自由な空間を与えてしまうと、テリトリー意識が高まってしまうため注意が必要。また、原則として1ケージに1羽で飼育すること。止まり木、エサ&水入れのほか、ストレス解消にもおもちゃを入れることをおすすめする。寒さに弱いため、ペットヒーターなどの保温器具を用意しておくこと。

おすすめ度

オスとメスでは色が全く違う、非常に鮮やかな体色のインコ。性格も大きく違いが出るが、利口な性格はどちらも同じであるため、自分に合った個体を探してみるのも楽しいだろう。

アドバイス

口ばしが鋭く、力が強いオオハナインコは、破壊力もすさまじい。しっかりとしたケージと、ケージの入り口を開けられないよう、止める器具も用意しておくこと。

このページを印刷

ペット図書館トップ