トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(小動物) > ネザーランドドワーフ 詳細情報

ネザーランドドワーフ

ウサギ目 ウサギ科 アナウサギ属(家畜化家ウサギ)
オランダ
約26cm(メスより頭部がやや大きい)
約26cm
約1200g ショータイプ:約900g
約1200g ショータイプ:約900g
5~10年 最長:13~15年

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24964_ext_25_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_syokuji_txt.jpg note_chara_txt.jpg

主食:ウサギ専用フード・牧草 副食:野菜(小松菜・ニンジン・キャベツなど)・果物(リンゴなど)

カイウサギの中で最小のウサギ。耳が短く顔が丸いのが特徴。ウサギの品種の中で最もカラーバリエーションが豊かである。毛色にはオターとマーチンという色があり、オターは耳の裏側の三角部分にもカラーがあり、マーチンは三角部分の毛色が白い。毛並みはほかの品種に比べてアンダーコートの密度が非常に高いため、逆なでしてもゆっくりもとの状態に戻る、ロールバックという性質をもっている。もともとはダッチから生まれた白毛で、赤目の突然変異(ポーリッシュ)を野生のウサギと交配した後、さらに大型種と交配してできた品種。(品種として認可されたのは1969年)最終改良地はオランダといわれているが、現在では世界中で繁殖している。ノーマルタイプの入手は簡単だが、ショータイプは比較的入手難易度・価格ともに高め。多少神経質な面があるが、よくなつく個体が多い。繁殖期は通年であり、1度の出産で1~10匹(6~8匹)の子供を産む。

note_syokuji_y_txt.jpg note_advice_txt.jpg

ほぼ完全な草食性/草・果物・ごく少量の動物性たんぱく質など

大人になってからの複数飼育は、相性が合わないとケンカをし、ケガをしたりストレスを受けることがあるため、複数飼育よりも単独飼育がおすすめ。

note_nare5_txt.jpg note_shiiku4_txt.jpg

性格は極端に分かれ、すぐに人なれするタイプと、少々気が強く独立心旺盛なタイプが存在する。聴覚・嗅覚が発達しているため、名前を呼んでからエサやおやつを与えることを繰り返すと、呼ぶと来るようになる。なついてくると頭をなでると喜んだり、催促したりする姿も見られる。おとなしいイメージがあるが、おっとりした一面以外にも、機嫌が悪くなると後ろ足で床をたたいたり(スタンピング)、ブゥーやクゥーと、うなってアピールしたりするなど、感情表現豊かである。

アダルトサイズは丈夫で飼育しやすいといえるが、ベビーの飼育は、暑さ寒さに弱くデリケートなので多少難易度が高いといえる。とくに冬場はペットヒーターなどで十分保温する(ベビーの適温約24~26℃が目安)。飼育はじめは、触り過ぎたり長時間遊ばせたりすると、急激な体力消耗やストレスで体調を崩しやすい。よって過度な運動やスキンシップは避け、成長とともに徐々に段階を踏んで接すること。

note_osusu5_txt.jpg

短い耳と小さく丸い体つきがとても可愛らしいため、人気は非常に高い。カイウサギの中では最も小さく、ほかの品種に比べ、飼育スペースをとらないことも魅力的。カラーバリエーションも豊富で、気に入ったカラーを探すのも楽しみのひとつである。

印刷用画面を表示