トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > 北海道犬(アイヌ犬) 詳細情報

北海道犬(アイヌ犬)

Hokkaido Inu
中型犬
第5グループ
 
スピッツ&プリミティブ・タイプ(スピッツタイプと原始タイプ)
日本
48~52cm
45~49cm
約20kg
約15kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24461_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

北海道の先住民族であるアイヌが、クマやそのほかの動物を狩る獣猟犬として飼育してきた犬で、俗にアイヌ犬と呼ばれてきた。祖先は大和民族が北上したとき、一緒に移った中型の獣猟犬(マタギ犬)である。昭和12年に国の天然記念物に指定されてから、正式名を北海道とした。現在は、獣猟犬、家庭犬として飼育されている。大きなヒグマにも勇敢に立ち向かい、北海道の厳しい自然環境にもよく耐えるパワフルな犬である。

日本犬特有の素朴さに満ちた中型の犬。骨格構成は緊密で、筋肉はよく発達している。動作は非常に敏捷。キ甲は高く、背は水平。腰は力強く、胸は深く、腹は引き締まっている。眼色は濃い。耳は三角形で小さく、やや前項して力強く立っている。唇はよく引き締まり、かみ合わせはシザース・バイト。ダブルコートで上毛は剛毛でまっすぐ、下毛は厳寒に耐えられるようにやわらかい綿毛。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

赤、白、黒、胡麻、虎、褐色

コートのお手入れは簡単。毎日ブラッシングをして、抜け毛の処理をする程度でよい。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

精悍で、かなり気性の激しい犬が多い。主人に対しては忠実で従順だが、他人やほかの動物には警戒心が強い。

毎日、リードをつけ30~50分ほどの引き運動をさせる。

印刷用画面を表示