トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ファラオ・ハウンド 詳細情報

ファラオ・ハウンド

Pharoh Hound
大型犬
第5グループ
 
スピッツ&プリミティブ・タイプ(スピッツタイプと原始タイプ)
マルタ
58~64cm
53~61cm
18~23kg
18~27kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24429_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

紀元前4000年の古代エジプト遺跡で、この犬に酷似した犬の絵画が残されていた。フェニキアの商人たちの手により、ゴゾ島やマルタ島、シシリー島に何頭かの犬が持ち込まれたといわれている。当時ゴゾ島の人々は“ラビット・ドッグ”と呼んでいた。1968年までにイギリスへ輸入されたのは、わずかに8頭で、その犬たちがイギリスのケンネルクラブで“ファラオ・ハウンド”として登録された。ファラオ・ハウンドがアメリカで公認されたのは1983年、ごく最近のことである。

ボディは長くほっそりとしており、腹部はわずかに巻き上がっている。平らで三角形の頭部、大きく高い位置に直立した耳、口吻は前頭部より長い。尾は長く、興奮したときはやや弓なりになるが、背中に巻き上げることはない。足先は猫の趾に似て小さく握っている。コートは短く光沢がある。眼色はアンバー、鼻鏡はピンクがかったブラウン。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

やや濃いタン。尾の先端にホワイト、四肢の先と前胸部には星型のホワイトのマーキングが入る。前頭部の中央には、細いホワイトの線。

コートのお手入れは、粗い布で毎日短時間マッサージするか、ブラッシングだけでよい。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

快活で性格はおとなしく、子供たちと仲良く遊ぶ。この犬は運動が大好きなので、飼育するには郊外の環境が理想で、飼い主は若い人が好ましい。この犬は狩猟本能を発揮し、ウサギや近所の猫などを追いかけて捕らえることがあるので、十分に注意が必要。アパートなどでの飼育は不適当である。

リードをつけての長時間の引き運動や、ときどき野外を駆けまわらせる運動も必要だ。

印刷用画面を表示