トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ビション・フリーゼ 詳細情報

ビション・フリーゼ

Bichon Frise
小型犬
第9グループ
 
コンパニオン&トイ(家庭犬&愛玩犬)
フランス
25~30cm
24~29cm
4~6kg
3~5kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24427_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

ビション・タイプの犬は、バーバー犬、あるいはウォーター・スパニエルの子孫として中世の長きに渡り、地中海周辺の地域で知られていた。人なつこいこの犬は当時から魅力的な性格が高く評価されていた。船乗りたちが、ビション・フリーゼを航海に連れていき、貿易の対象としていたこともあった。14世紀にイタリアの旅行者が、この犬をテネリフェ群島のカナリー島で発見し、ヨーロッパに持ち帰ったといわれている。16世紀になるとフランスで小型化し、イタリアとフランス両国の貴婦人たちの間で“白い抱き犬”として流行し、高価なペットになった。スペイン絵画の巨匠ゴヤの数点の作品にも登場している。

プードルに似た小型の犬。体長は体高に比べて少々長い。眼は大きく、ブラウンかブラックの眼色。ブラックの鼻は丸く突き出している。絹状の豊かなダブルコート。上毛は約5cm以上。1本1本が離れて生えていて、カールしている。下毛は短くてやわらかい。耳と尾に滑らかに垂れたコートがある

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

毛色はホワイト1色。あるいはクリーム、アプリコット、グレーなどと組み合わさっている。ショーでは明瞭なマーキングとブラックのコートは好ましくない。

ふわっとしたエレガントなコートを保つために、グルーミングは念入りに行う。ブラッシングは毎日必要。また、ショーに出場させるときは、パウダーパフを使う。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

愛情深く明るく遊び好き。家族には従順で、子供やほかのペットとも仲良くなる。マナーのよい、素晴らしいコンパニオン・ドッグだ。

運動は広い室内で自由に遊ばせる程度でよい。

印刷用画面を表示