トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > メキシカン・へアレス・ドッグ 詳細情報

メキシカン・へアレス・ドッグ

Mexican Hairless Dog
中型犬
第5グループ
 
スピッツ&プリミティブ・タイプ(スピッツタイプと原始タイプ)
メキシコ
スタンダード:45~55cm 中間:35~45cm ミニチュア:25~35cm
スタンダード:45~55cm 中間:35~45cm ミニチュア:25~35cm
スタンダード:9~14kg 中間:5~9kg ミニチュア:5kg
スタンダード:9~14kg 中間:4.5~9kg ミニチュア:4.5kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24335_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

メキシカン・へアレス・ドッグの歴史はかなり古く、メキシコにスペイン人が侵入するはるか以前に、先住民たちが食用として珍重していたとされる。コートがなく、正常体温が40℃前後と高いので、暖房的な役割として重宝されていたともいわれている。ヘアレス・ドッグはメキシコが原産で、メキシコから南アフリカ諸国に広がり、世界各国で知られるようになった。19世紀になってからは、よくほえる番犬として飼育されるようになり、1959年にアメリカン・ケンネル・クラブで公認された。

背はまっすぐ柔軟で、首はわずかにアーチを描いている。頭部は頭蓋が広く、長さ10cmもあるコウモリのような耳がついている。目は中くらいのアーモンド型で、眼色はブラックからイエローまで。皮膚の色がブラックであれば鼻色もブラック。ほかの毛色の場合はピンクかブラウン。口吻は長く先が細い。尾は長く滑らか。コートは頭頂部にわずかに見られるが、ほかは生えていない。皮膚はやわらかく滑らかな感触。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

皮膚の色はレッドがかったグレー。

コートがないので、体を乾いたタオルで拭くだけでよいが、皮膚が傷つきやすいので、あまり強くは拭かないようにする。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

見た目より頑健で、家族とは仲良く元気にふるまう。攻撃的ではないが、他人に対しては警戒心が強いため、番犬に適している。

適度な運動量が必要。ただし寒さに弱いので、屋外に出すときは気温に注意する。

印刷用画面を表示