トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > シェットランド・シープドッグ 詳細情報

シェットランド・シープドッグ

Shetland Sheepdog
中型犬
第1グループ
 
シープドッグ&キャトルドッグ(牧畜・牧羊犬)
イギリス(シェットランド島)
33~41cm
33~41cm
約9kg
約9kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24251_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

小型のコリー”と呼ばれ、誰からも親しまれているこの犬は、シェットランド諸島に19世紀の終わりごろにイギリスへ紹介された犬種。シェットランド島の厳しい自然環境の中で、食べ物にも恵まれず、ほそぼそと小動物を食べて生きてきた。そのため通常の大きさになれず、長い年月の間に小型化したと考えられる。その後、いくつかの小型犬との交配によって、今日のスタイルになった。小さな体にも関わらず、素晴らしい牧羊犬で、与えられた仕事には熱心に取り組む。羊の足先をかみ、長時間にわたり羊の群れを追うことができるので、大変役に立っていた。“シェルティー”の愛称で呼ばれ、世界的な人気を誇る犬である。

ラフ・コートのコリーに似た小さな体はよく引き締まっている。背は短くまっすぐで毛はかたい。頭部は長くV字型。眼は中くらいのアーモンド型で、色はブラウンか、コートがブルーマールのものはブルーかシルバー、または薄いブルー。鼻筋はまっすぐで長く、色はブラック。高い位置につく小さい耳は、つけ根から4分の3くらいのところまで前方に折れる。尾は長い。コートは粗い上毛と、密生した下毛のダブルコートである。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

セーブル&ホワイト・ブルーマール・トライカラー・ブラック&ホワイト

機敏だが穏やかな性質。中には極端にシャイな犬もいるので、社交コートのブラッシングは週に2度、約15分くらい。春は抜け毛がとくに多いので、お手入れは念入りに行う。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

機敏だが穏やかな性質。中には極端にシャイな犬もいるので、社交的な性格を身につけるために、幼犬のときから人や騒音になれさせたほうがよい。他人にはよそよそしいが、ほかの犬には友好的。飼い主には優しく、また活動的なので、子供たちにとってはよき遊び相手になる。

散歩のほかに、広いスペースでの遊びも大切。過度な鳴き声は慎むように、厳しくしつけることが必要。

印刷用画面を表示