トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 詳細情報

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル

Cavalier King Charles Spaniel
小型犬
第9グループ
 
コンパニオン&トイ(家庭犬&愛玩犬)
イギリス
31~34cm
31~34cm
4.5~8.5kg
4.5~8.5kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24012_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

1800年代初頭、古くからいたキング・チャールズ・スパニエルという犬をもとにつくり出された。キング・チャールズ・スパニエルは、しだいに本来の容姿が失われ、口吻が短くなり人気も低迷していた。そのため愛好家たちが本来のたくましいタイプを復活させようと熱心に改良したのだった。キング・チャールズ・スパニエルは、17世紀にイギリスでチャールズ一世やチャールズ二世に愛されて大流行した犬。キャバリアとは、中世の騎士のことを意味しており、中世のころのキング・チャールズ・スパニエル復活の願いが込められている。イギリスではヨークシャー・テリアにつぐ、トイ・グループの中の人気種だが、アメリカではほとんど見られない。また、アメリカン・ケンネル・クラブでもいまだに公認されていない状態である。

キング・チャールズ・スパニエルよりやや大型で、逞しい体つき。肩は傾斜し、背はまっすぐで腰はよく張り力強い。口吻は円錐型で、頭蓋は平らな感じ。眼派暗色で丸く大きいが、突出はしていなく、間が離れている。鼻孔は大きめで開いており、ストップは浅い。耳はつけ根が高く、長く垂れている。尾は断尾してもよいが、3分の1以上切らないこと。前肢はまっすぐで、後肢は筋肉が発達し、優雅だが力強い歩様を示す。コートは長く絹状で、多少ウェーブがかかっていることもあるが、ふさ毛や巻き毛にはなっていない。“カーペットドッグ”と呼ばれるように、室内飼いのほうが向いているが、キャバリアは丈夫なので戸外の犬舎で飼うこともできる。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブラック&タン・ルビー・ブレンハイム(黄金色)・トライカラー

コートの長い部分には、コームを使用してお手入れを行う。とくに耳は念入りに。残りの部分はブラッシングをする。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

はしゃぎまわることが大好き。活動的で勇敢。また行動力があり、身のこなしは非常に優雅。老人や子供の散歩相手に最適な犬種。

運動は大好きだが、散歩程度でよい。

印刷用画面を表示