トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ゴードン・セター 詳細情報

ゴードン・セター

Gordon Setter
大型犬
第7グループ
 
ポインティング・ドッグ(鳥獣犬)
イギリス
60~67.5cm
57.5~65cm
25~36.5kg
20.5~32kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24001_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

この犬種の祖先は、16世紀にまでさかのぼるといわれているが、はっきりと分かっているのは18世紀後半。スコットランドはゴードン城の領主アレキサンダー大公(ゴードン公爵)がつくり出したといわれており、その公爵の名がそのまま犬種名になっている。19世紀、アメリカの政治家ダニエル・ウェブスターという愛好家が、はじめてゴードン・セターをアメリカに輸入する。その美しさや能力に魅せられて、少しずつ愛好家に広まっていったといわれている。優れた獣猟犬なので、通年その能力を発揮できるように改良されてきた。

全体的にスタイルがよく、骨格構成はしっかりしている。やや短めで力強い背中、ノミで削ったようにシャープな頭部。眼色は濃いブラウンで、尾は比較的短い。コートは直毛か、わずかにウェーブがかかり、やわらかく光沢がある。耳、腹、四肢、尾にはふさふさとした飾り毛がある。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブラック、チェスナット。赤系マホガニーのマーキングが、眼の上、口吻、喉、胸、四肢の先、後肢の内側、尾の下側に入るが、これはブラックが混ざらない。胸にホワイトの斑点や、肢先に鉛筆で描いたようなブラックがあるものもある。

美しさと気品を保つためには、適度なコートのお手入れが必要になる。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

敏捷で快活、好奇心の強い理想的な家庭犬。愛情豊かで積極性があり、恐れを知らない勇敢さも備えた、活動的な犬。また、子供に対してはとくに優しく接することでも定評がある。大変おとなしく、飼い主の気持ちがよく分かる。他人に対しては警戒心が強く、ほかの犬に対しては攻撃的になる場合もある。疑い深いところからも番犬として優れている。猟場でも、ドッグショーでも、機会を与えれば何でもやってのける。

運動を怠ると神経質な犬になり扱いにくくなる。とくに都会では服従訓練を徹底し、2km以上の長い距離を歩かせたり、走らせたりする必要がある。ほかのセター種と同じように、うろうろ歩き回る傾向があるので、室内での生活になれさせることはなかなか難しい。

印刷用画面を表示