子犬の育て方

子犬を育てるにあたって、基本となる3つの鉄則をご紹介します。健康に育てていくために、ぜひ参考にしてください。
子犬は人でいうとまだ小さな赤ちゃんと同じです。新しい環境に慣れるまでは、必要以上に遊んだり、触れ過ぎたりして、疲れやストレスをためさせることのないように、できる限りのケアをしてあげましょう。
しかし、必要以上に神経質になることはありません。大切ないくつかのポイントさえ守れば、子犬を育てることは難しいことではありません。 ここでは、はじめてワンちゃんを育てるかたでも安心して一緒に暮らせるように、とくに重要なポイントをできるだけわかりやすくまとめました。
 
よく寝かせる
おうちにきたワンちゃんが「寝てばかりいて、調子が悪いのでは?」と心配される飼い主様がいらっしゃいますが、健康な子犬は通常15~20時間くらい寝ています。表でもわかるように、生まれて2~3ヶ月の子犬は、人でいうと赤ちゃん~乳幼児にあたります。とくに環境が変わり、さまざまな不安を抱える子犬のストレスを癒してあげるには、よく寝かせることが大切です。子犬の健康に必要な睡眠時間を奪わないよう、家族で気を付けてあげましょう。
犬猫年齢比較表
遊ばせ過ぎない
子犬に起こるアクシデントのほとんどは、環境に慣れないうちに遊ばせ過ぎたり、触れ過ぎたりして、子犬が疲れてしまうことから起こります。これから長い間一緒に暮らしていくわけですから、ゆっくりと付き合っていきましょう。ここで無理をして体調を崩してしまうと、ワンちゃんが苦しい思いをしてしまうので注意してください。とくに好奇心の強い子犬は、人の注意を引きたがり、体力の限界以上に遊んでしまいがちです。飼い主様が気を付けてあげないと、疲労から体力が低下し、元気なときならはね返せる病気も、はね返せなくなってしまいます。

そのためにも、おうちに子犬がきても、すぐ遊ばせることは避け、2~3日の間はワンちゃん専用のお部屋の中で少しずつ環境に慣れさせましょう。子犬が落ち着いて元気・食欲があり、ウンチの状態にも問題がないようでしたら、はじめは30分以内で様子を見ながらゆっくりと遊んでみてください。

そして、その後は必ず元気があっても休憩をさせましょう。この繰り返しを、ワンちゃんの体調をみながら1日の中で何回か行ってみてください。 また、日にちが経つにつれ徐々に遊ぶ時間をのばしていきますが、とくに小さなお子様のいるご家庭では、必ずお父さんかお母さんが一緒にいるときに遊ぶようにしましょう。
子犬がおうちにきてもすぐに遊ばない
環境に慣れてきたら休憩をさせながらゆっくり遊ばせる
外出もシャンプーも、ワクチン終了後まで避ける
色々な病気から身を守るため、子犬は母犬から免疫を受け継ぎます。しかし、生後2~3ヶ月を過ぎる頃から、その免疫効果も徐々に低下していくため、その代わりとして少なくとも3回のワクチン接種を行い、病気に対する抵抗力をつけることが必要となります。
子犬をとりまくさまざまな病気
ワクチン接種が完了する前に、むやみに外出することや、ほかのワンちゃんと遊ばせることは、さまざまな病原菌にわざと近づけるようなものです。 ワクチンが終わる生後約3~4ヶ月位までは、まだワンちゃんの社会化(社会に適応する力を養うこと)にとって一番大事な時期ですから、おうちでできる社会化は行っていきましょう。
ワンちゃんの社会化とは・・・
子犬のときは風邪を引きやすく、体力を消耗しやすいので、シャンプーも避けるようにしましょう。足や口のまわりが汚れたり、ニオイが気になったりする場合は、子犬専用のムースシャンプーなどで、汚れた部分をお手入れしてあげましょう。
目次へ戻る