トップ > 経営理念とビジョン

enkaku-title.gif
keiei-title-sub.gif
わたくしどもは、長年ペットを含めすべてのステークホルダーの皆様をお客様ととらえ、
“限りない安心をお客様へ”の理念のもと事業を継続、発展させていただいております。
これもひとえに関係するすべての皆様のご支援があってこそと、深く感謝申し上げます。
近年では、ペットもコンパニオン・アニマルと称されるように、人々の生活に当たり前のように存在し、
そのための環境整備も整ってまいりました。
そのような成熟した環境とは裏腹に、不安定な世界情勢や大規模災害等が
わたくどもの生活に大きな影響を与え、環境変化のスピードも日に日に増しております。
わたくしどもはそうした変化の激しい時代でも変わることのない“限りない安心”を
6つのビジョンで表現し、スピード感ある事業展開を行うことで、
ペット及びペットと暮らす人々に“最高の価値”をご提供しながら、
笑顔ある未来を創造してまいります。
keiei-img02.gif

家族の絆を深める、子供の情操教育、ヒーリング効果など、ペットと暮らすメリットが証明されてきており、それらの効果は人々の暮らしに必要不可欠な”笑顔”をもたらすことができます。 わたくしどもは、ペットというかけがえのない生命をお客様へご提供することで、笑顔ある未来を創造し、より豊かな社会環境の構築に貢献いたします。

わたくしどもは、ペットが暮らす上で必要な医療、美容、しつけ、食事等、多くの分野で環境の向上に努めてまいります。

”限りない安心”の理念を体現するために、もっとも重要な裏付けとなるお客様対応、専門技術の向上に努めてまいります。

「お客様の満足 = 従業員の満足 」といわれるように、わたくしども自身が、わたくしどものご提供するサービス、体制に満足できない限り理念を体現することは不可能と考え、福利厚生、研修制度などの環境向上に努めてまいります。

時代は乱気流のごとく激しく変化し、人々の価値観もそれに合わせて様々変化してまいります。そのような時代、価値創造に挑戦しないことは即ち衰退していくことを意味します。 わたくしどもは、常にお客様が求める新たな価値創造に挑戦し続けることで、”最高の価値”をご提供し続けてまいります。

2011年3月の東日本大震災では”一般社団法人東日本ペット緊急救援チーム”を設立し、ペットの救済活動を展開、継続的な社会的責任を果たすため活動いたしました。 また、盲導犬、聴導犬など、動物福祉団体の支援や、動物愛護センターへ持ち込まれる動物たちの問題など、様々な課題を検討し、解決していくことでわたくしどもの社会的責任を果たしてまいります。