生後8週齢以降でのお迎えについて

生後8週齢以降でのお迎えについて

ペットの専門店コジマではワンちゃんネコちゃんの健康状態を考慮した上で、生後8週齢(57日齢)以降のお迎えを推奨しております。

現在、動物愛護管理法の附則措置により生後50日齢以降での引渡しが可能となっています。
ペットの専門店コジマでは個体の健康状態等を考慮した上で、生後8週齢(生後57日齢)以降の引渡しを推奨しております。
一般的にワンちゃんネコちゃんが母親から離れる時期は生後30日齢前後で、この頃からブリーダーが離乳を開始し、人との触れ合いが多くなり、社会化期という感受性豊かな時期に入ります。
人と触れ合い、兄弟たちと一緒に生活する事で、将来の社会性が形成されていきます。
なかには、現行の生後50日齢では社会に十分順応できない子や発育が遅れている子たちも存在します。 新しい環境に迎えられたあとも健康で幸せな暮らしができる事を第一に優先して弊社スタッフや専属獣医師が愛情を込めて飼育し現行法上、引渡しが可能となる日齢に関係なくその子の状態をみてお引渡しをしております。(弊社平均お引渡し生後63日齢)

プレスリリースについてはこちらをご覧ください。