トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(小動物) > ヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ) 詳細情報

ヨツユビハリネズミ(ピグミーヘッジホッグ)

食虫目 ハリネズミ科 ハリネズミ亜科 アフリカハリネズミ属
アフリカ(セネガル~ザンベジ)のサバンナ
14~21cm
14~21cm
200~300g 飼育下:500~700g
200~300g 飼育下:500~700g
11~19mm
6~10年

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
25035_ext_25_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_syokuji_txt.jpg note_chara_txt.jpg

主食:ハリネズミ用フードまたはフェレットフードふやかしたもの 副食:果物(オレンジ、リンゴなど)、昆虫ゼリー、ミルワーム(2~3日に2回)など

外的から身を守るために体を丸めて背面の針を立てることがハリネズミの特徴。ヨツユビハリネズミは、ほかのハリネズミには5本ある指が、名の通り後ろ足の指が4本しかない。別名“ピグミーヘッジホッグ”ともいい、ペットショップではこの名前で販売されていることが多い。カラーバリエーションも、ノーマル(ソルトアンドペッパー)、シナモン、アルビノなどさまざま。また盲腸が無い。

note_syokuji_y_txt.jpg

昆虫などの無脊椎動物、小さなトカゲ、鳥のヒナなど。

note_nare4_txt.jpg note_shiiku4_txt.jpg

飼いはじめは、背面の針を立てて警戒してくる個体が多い。手からエサを与えたり、負担をかけない触れ方をしていくことによって、徐々に警戒心がなくなり、針を立てなくなるので、素手でも抱っこしたり、触れ合ったりすることができるようになるだろう。しかし、基本的に臆病な性格であるため、慌てずゆっくり接していくことが大切。

警戒心が薄れ人なれするまでは、触ろうとしたり触ったりすると、背面のかたい針を立ててしまうので、手袋などを使った飼育をおすすめする。食虫目ではあるが、飼育下では市販のハリネズミ用フード、これが売っていなければ、高品質の犬猫用フードやフェレットフードなどを主食として与えるのが主流のようである。ドライフードの場合は必ずふやかして与えること。

note_osusu4_txt.jpg

さまざまなカラーバリエーションがあり、愛玩用として家畜化が進んでいる種類である。飼育もそれほど難しくなく、人なれする個体が多いので人気上昇中。

印刷用画面を表示