トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(小動物) > フクロモモンガ 詳細情報

フクロモモンガ

有袋目 フクロモモンガ科 フクロモモンガ属
オーストラリア大陸(内陸部にはいない)、ニューギニア諸島の島々
12.7~15.2cm
12.7~15.2cm
115~160g 平均:140g
95~135g 平均:115g
12~15cm
5~7年

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
25017_ext_25_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_syokuji_txt.jpg note_chara_txt.jpg

主食:果物(リンゴ・ブドウ・イチゴ・ミカン・キウイなど)、野菜(小松菜・ニンジン・サツマイモ・キャベツなど) 副食:リス用ペレット、動物性たんぱく質(ミルワーム・コオロギ・煮干・小動物用チーズなど)、昆虫ゼリーなど

生息している地域により、2亜類が知られている。温暖な地域にすむ個体は、寒い地域の個体よりやや小型タイプのものがいる。腹部はクリーム色で背中は青灰色をしており、背に沿って黒いラインが目の間までのびている。同じモモンガの中でも、この種は“アメリカモモンガ”といったゲッ歯目ではなく有袋目のため、子育てをするための袋をもっている。そのためオスとメスの判別方法が異なり、オスは腹部(へその辺り)に睾丸があり、丸く膨らんでいる。そして頭(額)に小さなハゲがある。メスはオスに見られる特徴がなく、腹部に袋がある。袋は見た目で確認することが難しく、腹部のへその辺りに小さな窪み(へそのような穴)がある。 野生下ではオスとメスのペアか、1頭の2~3頭のメスが一緒にいることがある。

note_syokuji_y_txt.jpg note_advice_txt.jpg

花の蜜、樹液、果実、昆虫など

爪が鋭いので扱いには注意すること。

note_nare3_txt.jpg note_shiiku3_txt.jpg

ベビーの時期からうまく育てると、人を恐れず、モモンガの中ではなれやすいといわれている。欧米では果実など甘いものを好むことから“シュガーグライダー”という可愛らしい名前で呼ばれている。臆病でデリケートな面があるため、ストレスをかけずにゆっくりなれさせていってあげる必要がある。

基本的には雑食性だが、種子類を好んで食べるアメリカモモンガと違い、果物・野菜といった植物質を中心に与える。なお、昆虫などの動物性たんぱく質もバランスよく与えることも必要。野生下では花の蜜・樹液などを好んで食しているので、昆虫ゼリーをおやつ(補助食)として与えてもよいだろう。 体には多くの臭腺があり、そのにおいで仲間を判断したり縄張りの主張をしているため、フクロモモンガにとって“におい”は非常に重要である。臆病な性格のため無理にスキンシップをとるよりも、人なれさせるため、飼い主側のにおいを覚えさせるのもひとつの手段となる。ベビーからの飼育は、ミルクを与える際などに、飼い主のにおいがついた小さめのポーチや巾着などに入れて、徐々にスキンシップをとるなどすると、なれも早いようだ。

note_osusu3_txt.jpg

モモンガの中でも、見た目の模様や顔つきが特徴的な可愛い動物。比較的なれやすいモモンガなので、飼い主のにおいをモモンガが認識してくれれば一緒に遊べる。オス同士を同じケージ内に入れなければ複数飼育も可能で、繁殖もあまり難しくない。夜行性なので、日中はねていることが多く、昼間家をあけることの多いかたにおすすめ。

印刷用画面を表示