トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(小動物) > セキセイインコ 詳細情報

セキセイインコ

オウム目 インコ科 セキセイインコ属
オーストラリア
19~23cm
19~23cm
35~50g
35~50g
約10年 最長寿:15~20年

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24941_ext_25_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_syokuji_txt.jpg note_chara_txt.jpg

主食:セキセイインコ専用混合フード 副食:野菜(小松菜・チンゲン菜・ブロッコリー・ニンジンなど)・果物(リンゴなど)

最もポピュラーな小型インコ。野性の体色が黄色と緑色のため、セキセイ(背黄青)という名がついた。さまざまなバリエーションがあり、カラーはノーマル以外にも40種類・品種は約5000種存在する。色だけではなく“巻き毛セキセイ種”と呼ばれる芸物もおり、頭部の羽が広がったようにみえる“梵天セキセイ”や、背中の羽がカールした“羽衣セキセイ”などさまざまである。大きく分類すると“並セキセイ”“高級セキセイ”“巻き毛セキセイ”“大型セキセイ”に分けられる。もともと乾燥した内陸地域に生息している鳥で、比較的寒冷にも強く丈夫で巣引きもしやすい。

note_syokuji_y_txt.jpg note_advice_txt.jpg

木の実・イネ科の実・果物・野菜・昆虫など

ケージ内にかじり木などのおもちゃを入れると、ストレス解消やくちばしの伸び防止になる。

note_nare4_txt.jpg note_shiiku5_txt.jpg

ヒナから飼育をすると非常によくなつき手のりになる。よくなついた個体は、スキンシップを怠ると淋しがって反対にストレスとなる場合もあるほど。手のり鳥入門種で、ヒナからの飼育も、きちんとした飼育方法をとれば難しくない。音を真似たり、おしゃべりがとても上手になる個体も多い。鳥と触れ合いながら楽しみたいかたにもってこいの鳥といえる。

比較的丈夫で飼育しやすい。体は小さく見えるが、尾羽が長く運動量も多いので、のびのびと動ける空間があるケージを選ぶとよい。好奇心旺盛な個体が多いので、ケージから外に出す際は、必ず窓を閉め、毒性のある観葉植物やキッチンで火を使っていないかなどに十分注意すること。ヒナからの飼育は多少デリケートな面がるため、触り過ぎや温度などに注意し、気温の低い冬、秋・春の朝晩はヒーターなどで保温する必要がある。(ヒナの適温約27℃前後)

note_osusu4_txt.jpg

カラーバリエーションも豊富で見た目も美しく、よくなつき飼育もしやすいことから、昔から世界中で人気がある鳥。おしゃべりを覚えたり、コミュニケーションを取りながら楽しめる代表的なインコである。相性が合ったペアなら巣引きも簡単。

印刷用画面を表示