ジャンガリアンハムスター

24931_ext_25_0.jpg
30~40g
facebook
twitter
mixi
HATENA

目属科:ゲッ歯目 ネズミ亜目 ネズミ科 キヌゲネズミ亜科 ヒメキヌゲネズミ属
原産国:カザフスタン・シベリア南部~南西部・旧ソ連
体 長:オス 7~12cm / メス 6~11cm
体 重:オス 35~45g / メス 30~40g
寿 命:2~2年半

※体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、あくまでも目安としてご理解ください

お店にいるこの種類を探す

食事(野生下)

穀物・草食傾向の強い雑食性/植物の根や茎、昆虫など

食事(飼育下)

主食:市販のハムスター専用フード 副食:野菜(小松菜・キャベツ・ニンジンなど)・果物(リンゴなど)・動物性たんぱく質(チーズ・煮干しなど)

特 徴

別名シベリアンハムスターとも呼ばれ、ゴールデンハムスターと並んで知名度の最も高いハムスター。キャンベルハムスターと明確な区別がついていないため、飼育下では交雑種が多く存在する。カラーバリエーションも豊富で、最近ではよく知られているサファイアブルーハムスター、パールドワーフハムスターや、イエロー系(プティング・ショコラ)などノーマル以外にもさまざまな種類がいる。ゴールデンハムスターと違い、足の裏と尾が毛でおおわれていることも特徴のひとつである。ジャンガリアンは夏毛から冬毛に生え変わる際、白っぽく体色が変化する個体が多いが、飼育下の温度や環境によってあまり目立った変化がない場合もある。繁殖は通年であり、1度の出産で1~9匹(平均5匹)の子供を産む。

なれやすさ ★★★★★

ハムスターの中でも温和で人なつこいといわれている。はじめは臆病で警戒心の強い性格の個体も多いため、急に触ったりびっくりさせたりすることは避け、手からエサを与えるなど軽いスキンシップからはじめること。視力はあまり発達していないため、ハムスターを持ち上げたり触ったりする場合は、いきなりつかんだりすると攻撃されると思い、暴れたり怯えたりしてしまうので、必ず声をかけてから両手で下から包み込むようにするとよい。それでも嫌がっているようであれば一旦落ちつかせてから再チャレンジし、恐怖感をもたせないような接し方を徐々に繰り返すようにしよう。

飼育のしやすさ ★★★★★

小さいので室内でも飼育可能。あまり手間もかからず、月間の維持費も低予算ですみ、飼育キットも低価格で揃えられる。縄張り意識が高いため、気の合わない個体はケンカをし、ケガをしたりストレスを受けることがある。よって複数飼育よりも単独飼育がおすすめ。小さい個体同士であっても、無理に1つのケージに複数入れて飼育することは避けたほうがよい。また寒さに弱いため、ハムスターの体に負担をかけないためにも、冬場はハムスター用のヒーターなどで保温するとよい。気温が約15℃以下になると冬眠準備に入り、5℃を下回ると、冬眠状態に入ってしまうので気を付けること。

おすすめ度 ★★★★★

小さな体でチョコチョコする動きや、手でエサを持って食べる仕草が非常に可愛らしい。飼育も比較的容易なため、幅広い層に人気がある。夜行性ではあるが、飼育していくうちに人の生活リズムに合わせて活動するハムスターもいる。

このページを印刷

ペット図書館トップ