トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(小動物) > アフリカヤマネ 詳細情報

アフリカヤマネ

ゲッ歯目 ヤマネ科 アフリカヤマネ属
サハラ砂漠 南部~南アフリカ
6~8cm
6~8cm
15~25g
15~25g
3~7年

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24896_ext_25_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_syokuji_txt.jpg note_chara_txt.jpg

主食:ハムスター用混合フード(小粒タイプ) 副食:果物(リンゴ・ブルーベリーなど)昆虫(ミルワーム・コオロギなど)、野菜など

基本的に日本にいる種類のヤマネは天然記念物とされているため、飼育をすることはできない。現在はこのアフリカヤマネをはじめ、数種類のヤマネが輸入されており、こちらがペットとして飼育されている。ペットとしての飼育は古くから行われているが、飼育者自体はそれほど多くない。飼育は難しくなく、ペアで飼育すると簡単に繁殖する場合が多い。食性は虫や果実などが中心の雑食性

note_syokuji_y_txt.jpg

雑食性/穀類、木の実、種子、芽、ベリー、昆虫など

note_nare3_txt.jpg note_shiiku3_txt.jpg

とても臆病な動物であるため、手に乗せたり、過度な触れ合いを目的に飼育することは、動物自体に大きなストレスを与えてしまう。恐怖心を与えないように、ベビーから飼育すると、手からエサを食べたり手のりになる個体もいる。

野生下では、気温の低下とともに冬眠活動を行っているため、飼育下でも前準備なく冬眠させるのは難しい。適温は20~24℃。15℃以下になるころから冬眠準備に入り、5℃を切ると冬眠状態に入る。夜行性のため、観察する場合は夜間のみにしたほうがよいだろう。体は小さいが夜間は活発に行動するため、ケージは高さのあるものを使用し、小枝・巣箱などを使ってレイアウトしてあげるとよい。鳥かごなどのケージは、網目が大きいと脱走してしまう可能性があるため注意。

note_osusu3_txt.jpg

小さく愛くるしい姿はとても可愛らしい。飼育も難しくないが、臆病な性格のため、じっくり時間をかけて飼育を楽しめるかたに向いている。繁殖も比較的容易。ベビーは非常に体が小さく、ケージの隙間から逃げてしまうほどであるため、適度な大きさのプラケースなどでの飼育が無難である。

印刷用画面を表示