トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ボルドー・マスティフ 詳細情報

ボルドー・マスティフ

Bordeaux Mastiff
超大型犬
第2グループ
 
ピンシャー、シュナウザー、モロシアン・タイプ&スイスキャトルドッグ(番犬)
フランス
61~69cm
58~66cm
約50kg
約45kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24465_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

ボルドー・マスティフの起源はいくつかの説がある。ある者はローマ人が戦争や競技場で使ったグリーク・マスティフが祖先であるといい、またある者は、ケルト民族が野生動物の狩猟に使っていたマスティフがルーツだという。この犬種はかつてイノシシ・クマなどの大型獣の猟犬として、またサーカスで雄牛と闘う闘犬として活躍した時代があった。そのほか警察犬として訓練され、その才能は人々によく知られていたが、最近ではフランスでも数が少なくなり、現在ではドッグショーの際に見かける程度である。

超大型の番犬サイズ。ボディーは胸部が深く幅もあり、発達している。頭部は大きく、皺がよっていて、耳の先端は丸みがあり垂れている。眼は卵形で大きく離れている。四角ばった口吻をもつ。コートは細く短く、やわらかい。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

マホガニー、フォーン、ゴールドの3色

体の大部分をかためのブラシで強くブラッシングする。尾や大腿部など毛の長いところはコームを使用する。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

かつては攻撃的な性格をもっていたが、注意深く繁殖した結果、温和で寛容、愛情深く主人に忠実で従順な犬に改良された。現在では主人のよき伴侶犬、家庭犬、家や財産を守る番犬として飼育されている。

運動はスピードは必要ないが、毎日の散歩は欠かさず、1日30分以上の引き運動を行うようにする。また、リードをはずして運動できる場所があれば理想的。

印刷用画面を表示