トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ベドリントン・テリア 詳細情報

ベドリントン・テリア

Bedlington Terrier
小型犬
第3グループ
 
テリア(小獣猟犬)
イギリス
41~44cm
38~42cm
8~10kg
7~9kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24456_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

イギリスの北部のノース・ウンバーランド地方にすむ鉱山関係の仕事に携わる人々は、イタチやキツネたちを迅速に狩猟する能力にたけたテリアを得たいと切望した。その結果、19世紀のはじめに狩猟犬としてつくり出されたのがベドリントン・テリア。このような能力をもつベドリントン・テリアは、密猟者たちにも非常に人気があった。しかし皮肉なことに、この犬は貴族たちの手中にあり、密猟者たちを捕らえるのに用いられることになった。祖先はダンディ・ディンモント・テリアと極めて近い近親関係にあると考えられているこの犬は、優れた聴力と視力をもつテリア種と追跡犬ハウンド種との結合種。さらにウィペットの能力も備わっている。羊のような風変わりな容姿から、固定ファンも多い。

力感あふれるボディで、背中のトップラインは美しいアーチを描く。四肢はテリア種の中では長い。この犬の羊に似た独特の風貌は、部分的なトリミングによるもの。広い頭部には深いストップがあるが、横顔がローマン・ノーズになるようにトリミングされる。耳は低い位置につき垂れているが、キレイに刈って、先端にタッセル(ふさ毛)があるようにする。硬軟両方のコートから成っているダブルコートは、細くカールしている。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブルー、レバー、サンドもあるが、これはしばしばタンと組み合わさっている。眼色は薄いものから濃いヘーゼルまである。

羊に似た容姿を維持するためには、クリッパーとハサミを使い、熟練したプロの手によって定期的にトリミングすることが必要だ。グルーミングはスリッカーとコームを使って規則正しく行う。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

飼い主の気持ちに機敏に反応し、服従訓練にも十分応える。勇気があり、極度に発達した保護本能をもっているため、素晴らしい番犬になる。また家族に対しては忠実なので、家族犬としての人気が高い。ただし、ベドリントン・テリアは適切に監督しないと、ほかの犬とすぐケンカをはじめてしまうので気を付けたい。

非常にスピーディーに走るため、安全な囲いの中以外では、リードをつけずに運動をさせることは避ける。疾走する犬や猫がいたりすると、ベドリントンの気を引くことになる。その結果追跡がはじまり、果てには迷子になってしまうこともあるので注意する。

印刷用画面を表示