トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ワイマラナー 詳細情報

ワイマラナー

Weimaraner
大型犬
第7グループ
 
ポインティング・ドッグ(鳥獣犬)
ドイツ
61~70cm
56~65cm
29~39kg
25~32kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24351_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

この気品あふれるドイツの狩猟犬は、1000年以上の歴史をもつブラッド・ハウンドから発展したといわれ、ジャーマン・ショートヘア・ポインターと近縁の犬種である。その起源ははっきりしないが、17世紀のヴァンテックの絵画に、この犬に似た明るい毛色登場している。そして少なくとも19世紀にはドイツのワイマール地方の貴族に、門外不出の犬として可愛がられていたことは確かである。この犬はとくに嗅覚が優れており、おとなしく勇気もあり、行動が素早い。大きな動物の猟に使われていたが、小動物の猟も上手にこなす。そのためにドイツ国内で人気が高まったが、血統は大変厳しく守られ、繁殖はワイラマナー・クラブの厳格な規律のもとで行われてきた。ドイツ国外へはじめて輸出されたのは1929年のこと。アメリカのハワード・ナイト氏がクラブに入り、母国に2頭を連れ帰ったのがはじまりで、1943年にアメリカン・ケンネル・クラブの犬種公認を受けている。

背はまっすぐで、よく発達した胸と頑丈な四肢、きれいな鋭角の頭部をもつ大型犬である。耳は高い位置について、垂れ下がっている。尾は通常約15cmの長さで断尾する。コートは短く、直毛で輝きがある。数は少ないが長毛種も存在する。長毛種においては断尾しない。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

グレーからシルバー。ブルーやブラックはショーでは認められていない。眼は明るいアンバーか、ブルーグレーで、鼻鏡はグレーである。

コートは短く、ときどきブラッシングをして整える程度で、お手入れはほとんどいらない。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

おとなしいが自己主張は強く、とても勇敢。スピード・スタミナともに優れ、機敏。おとなしく、人によくなれ、飼い主に忠実で命令によくしたがう。家庭での訓練のほかに、犬の訓練学校に預けることをおすすめする。

運動はたっぷりさせなければならず、運動する十分なスペースと、しっかりとした管理が必要。都市部の生活にはあまり適さない。

印刷用画面を表示