トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > レオンベルガー 詳細情報

レオンベルガー

Leonberger
超大型犬
第2グループ
 
ピンシャー、シュナウザー、モロシアン・タイプ&スイスキャトルドッグ(番犬)
ドイツ
72~80cm
65~75cm
40kg以上
37kg以上

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24348_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

レオンベルガーは1846年にドイツ人の愛犬家エインリッヒ氏によって誕生した。氏がレオンベルガーという街に住んでいたことから、それが犬名になった。この犬の基礎になったのはニューファウンドランドセント・バーナードグレート・ピレニーズで、これらを交配して作出された。この犬は優れた水難救助犬で、本能的に水を恐れず、水泳を好む習性がある。全身をおおっているコートに防水効果があるばかりでなく、指の間の皮膚が水かきのように発達しているので、泳ぐことに都合がよい性質をもっているのだ。

超大型犬で、頭部の大きさは中くらい。眼の大きさも中くらいで、眼色はチェスナット。鼻は大きく色はブラック。耳は幅広く先端は丸みがあって垂れている。口元はよく引き締まっている。尾は長くふさ毛があり垂れているが、途中でややそっている。コートは長く、首の周囲や肢先の部分には飾り毛がある。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ライトイエロー、ゴールデンイエロー、レディッシュブラウン(この毛色は口吻の部分にブラック・マスクが入る)、サンド、シルバーグレーなどがある。

コートのブラッシングは毎日念入りに。とくに毛の抜ける時期は丁寧に死毛を取り除く。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

動作は機敏だが、性質は温和で愛情豊か。顔立ちからも優しい印象を与える。

運動は十分時間をかけて引き運動をさせる。

印刷用画面を表示