トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ラブラドール・レトリーバー 詳細情報

ラブラドール・レトリーバー

Labrador Retriever
大型犬
第8グループ
 
レトリーバー、フラッシング・ドッグ&ウォーター・ドッグ(7グループ以外の鳥猟犬)
イギリス
56~62cm
54~59cm
27~34kg
25~32kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24340_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

19世紀のはじめごろ、ニューファウンドランド島から塩ダラを運ぶ船で、イギリスに連れてこられた。それが、この犬種がヨーロッパに紹介された最初だといわれている。この犬は長い間、魚網からこぼれた魚を集める仕事に従事していた。また、水鳥を運んでくる技能は素晴らしく、水鳥の運搬用に威力を発揮したことから、ラブラドールと名づけられ、大事に飼育され流行していった。野原や水中の猟に優れているだけでなく、鋭い嗅覚をもっているので、深いところに埋められた地雷を発見することができたため、戦時にも大変威力を発揮することが証明された。そのほかにも盲導犬、警察犬など使役犬として活躍してきた。しっかりした体つきで、大人しく利口なので人気がある。

しっかりとした体型で広い胸をもち、胴は短く幅広い。背はまっすぐで短く、後肢は筋肉がよく発達している。肩は長くほどよく傾斜し、腹は引き締まっている。全体的にとても精悍な容姿である。広い頭部にはわずかにストップがある。耳は頭部の後方に位置し、耳根は幅広く、やや小さく頬の後ろに接して垂れている。眼色はブラウン、ヘーゼル、イエロー、ブラック。顎は力強い。尾根部は太て丸く、先にいくほど細くなっている。前肢はまっすぐで骨太、後肢はたくましい。性格はゴールデン・レトリーバーよりもっと粘り強く、与えられた仕事に対してはいつも熱心に取り組む。仕事も、家族との付き合いも喜んで行うので万能の犬といえる。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブラック・イエロー・チョコレート。胸部の小さなホワイトの斑点は許されている。

コートのお手入れはごくわずかで大丈夫。毎日軽いブラッシングさえ行えば、コートの光沢をだすことができる。また、犬との絆を保つことにも大いに役立つ。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

性質がよく、忠実。どんな用途にも適応でき、長時間のしつけにも耐えることができる。子供やほかの犬と一緒に遊ばせるには最適である。仕事も家族の付き合いも喜んで行うので、いうならば万能犬といえるだろう。争うことはしない性質だが、幼犬のうちからほかの動物や人間に接する訓練をしたほうがより社交的になるので、できるだけ外に連れ出すようにしたい。

活気のある規則正しい運動が必要。水が好きなので、ときどきは泳げる機会を与えてあげるとよい。

印刷用画面を表示