トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ラゴット 詳細情報

ラゴット

Lagotto
中型犬
その他
 
(JKCには登録されていない)
イタリア
43~48cm
41~46cm
13~16kg
11~14kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24339_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

ラゴットは古代ローマ時代から、イタリアのコマッチやラベンナ地方の湿地帯などで、多く飼育されていたことが知られている。この地方の池・沼・川などには多くの水鳥がいたため、それらを狩る鳥猟犬として活躍していた。19世紀の中ごろに入ってからは、これらの地方も開発が徐々に進み、湿地帯も減って乾燥した耕地に変わっていった。その結果、ラゴットは働く場を失ってしまったのである。しかし人々は、この犬の優れた嗅覚に着目した。この地方の山野には多くのキノコが自生していたので、今度は猟犬としてではなく、キノコをさがし出す“キノコ狩り犬”として改良を進めていった。今日ではヨーロッパやオーストラリアでショー・ドッグとして注目され、愛好者も増えている。

サイズは小型から中型で、しっかりとした骨格に筋肉がよく発達し、バランスがとれた体型をしている。胴がつまって体高があり、動作も俊敏で運動能力も優れている。コートは全身巻き毛で、手触りはやわらかい。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

オフホワイトの地色に、ブラウンやオレンジの班が入っているものや、全身がブラウンやオレンジのものもいる。

週2回程度、10分間くらいのブラッシングと、耳の掃除を行うようにする。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

おとなしく静かであり、誰に対しても明るく接することができるため家庭犬に適している。しつけやトレーニングもスムーズにでき、油断のない優秀な番犬にもなる。

広い場所での自由運動をさせてあげることが望ましい。

印刷用画面を表示