トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ヨークシャー・テリア 詳細情報

ヨークシャー・テリア

Yorkshire Terrier
超小型犬
第3グループ
 
テリア(小獣猟犬)
イギリス
15~18cm
15~18cm
1.5~3kg
1.5~3kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24337_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

ビクトリア時代にイギリスのヨークシャー地方で発達したこの小さな犬は、庶民の家屋を荒らすネズミを捕るためにつくり出された。マンチェスター・テリア、スカイ・テリア、マルチーズなどをかけ合わせて誕生したのがヨークシャー・テリアである。この犬は1862年にブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリアと名づけられたが、犬名が長すぎるため定着せず、1870年ごろにヨークシャー・テリアと改名された。アメリカで紹介されたのは1878年以降である。飼育しやすく、可憐な容姿と活気あふれるキャラクターで世界中の人々に愛され、今日では“ヨーキー”という愛称で呼ばれている。

コンパクトで均整のとれた体型。背中の線は平らで、頭部は小さく、頭頂部はやや平ら。耳は小さく直立しV字型。眼の大きさは中くらいで、暗色でブラックの縁取りがあり、知的に輝く。尾は適当な長さに断尾する。体に密着し、光沢があるコートは、長くまっすぐで地面まで垂れ下がっている。量が豊富なため、頭部から尾まで左右に分かれ目がつく。鼻の色はブラック。寂しがり屋で甘えん坊なので、いつもそばにおいて可愛がりたい人には最適な犬種。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

背と尾はスチール・ブルー、頭部・胸部・趾はゴールド

コートをよいコンディションに保つためには毎日のブラッシングと、定期的なプロのグルーミングが必要。シャンプーは冷えを避けるために、注意深く行い、ドライヤーで素早く乾かす。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

人の膝の上に乗ったり、抱かれたりと飼い主と常に一緒に行動することを望む。ひとりでお留守番をさせておくと、寂しさのあまりいたずらすることがあるほど。いつもそばにおいてうんと可愛がりたい人にはうってつけの犬種といえる。また、手荒く扱わない限り、子供やほかのペットとも仲良くなれる。利口でもの覚えもよく、しつけもしやすい。体は小さいが番犬にも適している。

室内で自由に動き回ることができる状態ならば特別にさせる必要はない。戸外に出して悪天候や冷えなどにさらすよりも、室内で動き回っておかせたほうがずっとよい。

印刷用画面を表示