トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ユーラシア 詳細情報

ユーラシア

Eurasier
中型犬
その他
 
(JKCには登録されていない)
ドイツ
50~61cm
50~61cm
18~32kg
18~32kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24336_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

1960年代にドイツでつくられたユーラシアは、家庭犬の中で最も新しい犬種。バインハイムにすむ愛犬家のユリウス・ヴィプフェル氏が、チャウチャウのオスとキースホンドのメスを交配して生まれた犬に、さらにサモエドを交配して作出した。氏がこの犬をつくった目的は、ボディは中型サイズで頑健、性格は従順な理想的な家庭犬をつくることだった。この犬は、幼犬のときから服従訓練をしっかり仕込んでおけば人になれ、よき家庭犬になる。

スピッツタイプの犬でチャウチャウに似ている。ボディはよく引き締まり、胸部は広く厚く発達している。背はまっすぐ。頭部はくさび型、頭蓋は平らでストップは明確。眼はアーモンド型で眼色は暗色。耳は三角形で小さく直立している。四肢は骨格が太く前肢はまっすぐに伸びる。尾は高く位置し、背上に上がっている。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

レッド、オレンジ、ウルフ、グレー、ブラックなどがある。コートは全身密生し、とくに頸の周辺、尾、後肢の腿部は長い。

コートの手入れは下毛は密なので、かためのブラシでブラッシングし、上毛はコームで整える。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

社交的だが、穏やかな性格で、家族には従順でよくいうことを聞く。大胆で勇気がある。ときには狩猟本能を発揮し、人を驚かせる。

運動は1日に1度は必ず散歩を行うこと。

印刷用画面を表示