トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > マルチーズ 詳細情報

マルチーズ

Maltese
超小型犬
第9グループ
 
コンパニオン&トイ(家庭犬&愛玩犬)
マルタ
20~25cm
20~25cm
2~3kg
2~3kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24330_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

マルチーズは、紀元前1500年ごろ、マルタ島に移住したフェニキア人が持ち込んだ犬で、小アジア方面からきたともいわれている。ギリシャやローマ時代の文献や、絵画に残されている小さな白い犬が、現在のマルチーズに似ていることから、この犬が当時の人々を魅了していたことがうかがえる。また、長い航海をする船員のペットとして可愛がられていた。クイーン・エリザベス時代にも、マルチーズは宮殿の婦人たちの間で大変高く評価されていた。そのことが一般市民に知れ渡ると、マルチーズは大変高値で売買された。日本では非常に人気のある犬で、1960年代後半から1980年代前半ごろまで、最も多くの家庭で飼育されていた。この犬のルーツはテリアではなく、スパニエル系と親族関係にあると考えられている。

非常に小型の犬。背中が水平で、ボディは短い。頭部はやや丸みをもち、眼色は暗色でブラックの縁取りがある。眼と眼の間は狭い。耳は垂れ、ふさ毛がある。長くて豊富なコートにおおわれている尾は、高い位置につき背に乗っている。絹状のコートは地面に届くほど長いが、下毛はない。鼻の色はブラックである。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ピュアホワイト。耳の薄いフォーンやレモンは、あまり好ましくない。

コートのお手入れはかなり丹念に行わなければならない。眼と口のまわりはとくに汚れやすいので、少なくとも週に1回はシャンプーをしたほうがよい。汚れてしまったあとでブラッシングをするとコートを傷めるため、普段のお手入れが大切。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

元気で活動的。明るく外向的な性格で、家族と行動したがる。ものごとを強いられるのは嫌うが、短気にならずに忍耐強い。

運動は室内で遊ばせる程度でよいが、とくに暑い日や寒い日は避ける。背の低いトイ・ドッグはすべて天候の影響を受けやすいので気を付けなければならない。

印刷用画面を表示