トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > マスティフ 詳細情報

マスティフ

Mastiff
超大型犬
第2グループ
 
ピンシャー、シュナウザー、モロシアン・タイプ&スイスキャトルドッグ(番犬)
イギリス
75cm以上
70cm以上
82kg以上
77kg以上

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24317_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

この犬の起源については、正確なことは分かっていないが、ヨーロッパやアジアで古くから知られていた大型犬が、マスティフによく似ている。古代エジプトの墓に描かれていた絵に酷似しており、紀元前1121年の中国の書物にもこの犬のことが書かれている。また紀元前55年にローマ人がイギリスに侵攻した際、マスティフに似た犬がイギリスの主人を敵から守り、助けたと伝えられている。19世紀の初頭になって、闘犬として盛んに人気を集めたが、その後闘犬は法律で禁止された。今日では護衛犬や番犬として活躍している。

胸部は深く幅があり、骨格もがっしりしている。前顔部はややつまり、後頭部より短い。耳は折れている。濃いブラウンの眼は利口そう。かみ合わせはシザース・バイトが理想だが、アンダー・ショットでも許される。尾は長く垂れている。コートはダブルコートで短い直毛。上毛はかたく、下毛は厚く密生している。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブリンドル、フォーン、アプリコット。マスクはブラック。

短毛ではあるが、コートは毎日ブラッシングをする。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

他人に対しては警戒心が強く、ほかの犬にも闘争心をもつため、番犬として頼りになる。

四肢の骨格が成長したら、規則正しい引き運動や、自由に遊ばせながらジョギングを長時間させる。服従訓練は幼犬期からはじめる。

印刷用画面を表示