トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > パーソン・ラッセル・テリア(スムース・ブロークン・ラフ) 詳細情報

パーソン・ラッセル・テリア(スムース・ブロークン・ラフ)

Parson Russell Terrier
小型犬
第3グループ
 
テリア(小獣猟犬)
イギリス
32~37cm
30~35cm
6~7kg
5~6kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24309_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

1870年にイギリスのデボン地方に住んでいたジャック・ラッセル牧師によって改良が重ねられ、誕生したのがジャック・ラッセル・テリア。氏はイングリッシュ・ケンネル・クラブの会員の中でも古いメンバーで、有名なジャッジ兼ブリーダーとして知られていた人物だ。氏は飼育していたワイヤーに似たホワイトの地に頭部にマーキングのある犬と、ワーキング・テリアの何種類かを交配し、理想としているテリア種をつくり出すことを試みたのだった。容姿にとらわれないで、主にキツネ、タヌキ、小獣類などの狩猟能力に優れ、小型で俊敏、そして勇気のある犬をつくり出そうとした。しかし、1883年の氏の死亡で、この犬は途中で人々から忘れ去られそうになり、挫折したかに思われたが、1894年にヨーロッパの狩猟家や馬術家の間で人気が高まり、1990年にイングリッシュ・ケンネル・クラブでスタンダードが制定されるようになった。これに次いで、FCI(国際畜犬連盟)もパーソン・ジャック・ラッセル・テリアの名前でスタンダードを発行。2001年に公認犬種とし、パーソン・ラッセル・テリアとした。

体つきはフォックス・テリアに似ているが、四肢はやや短め。胸部は深く、背はまっすぐで短め。腰はややアーチを描いている。頭部は平らで、ほどよく広さがあり、ストップはわずか。顎は頑丈でかみ合わせはシザース・バイト。コートはスムース、ブロークン、ラフの3タイプがある。ジャック・ラッセル・テリアよりも四肢がやや長く、以前はジャック・ラッセル・テリアの同種として知られていたが、体高などの違いから別の種類として公認されている。コートは自然な粗剛毛。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ホワイトの地にレモン、タン、ブラック、トライカラーなど。

コートのお手入れは定期的にブラッシングし、長い部分はコームを使って念入りに行う。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

家族には友好的で、とても忠実。とくに主人には献身的につくす。動作は俊敏で活動的。スピード感もあり、猟犬としての能力は優れている。勇敢、かつ大胆で、非常に忍耐力もある。侵入者には激しく警戒する。

毎日十分に行うが、ときには河川敷や野原などで思いきり走らせたい。

印刷用画面を表示