トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > スカイ・テリア 詳細情報

スカイ・テリア

Skye Terrier
小型犬
第3グループ
 
テリア(小獣猟犬)
イギリス(スコットランド)
約26cm
約24cm
約11kg
約10kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24299_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

スカイ・テリアは、歴史の古いテリア種のひとつ。この犬が文献にはじめて登場したのは16世紀に出版された、かの有名なドクター・ケイアスの著書『イギリスの犬たちについて』であった。この犬によれば、スカイ・テリアの起源は、“北へ向かう野蛮未開の国境”で生まれ、“毛の長さ故に顔も見せなければ、体も見せぬ”というもの。それから今日に至る幾世紀の間に、スコットランドの西部諸島、とくにスカイ島にいるこの犬は、すべての獣の執念深い天敵として知られるようになった。この犬は、ときとしてヘブリディーズ群島の外に連れ出され、やがてイングランドでも紹介された。ここでスカイ・テリアは、“この犬はユニークなペットであると同様に、人の目を引くショー・ドッグだ”という熱心な信奉者を増やした。その後すべての階層の人々に愛され、およそ200年もの間にとてもポピュラーな犬になった。スカイ・テリアの熱心なファンのひとりにエリザベス女王がいた。彼女の愛犬ボスはサー・エドウィン・ランドシャーによって絵に描かれている。

体長はかなりあり、四肢は短い。耳は通常直立しているが、半分垂れているものもある。顎は武器になるほど頑丈。尾は長く自然のまま。ダブルコートは独特で、約14cmもあり、毛先が地面に達するほど。アンダーコートはやわらかく羊毛状、上毛はかたくまっすぐ。コートは鼻から尾のつけ根まで2つに分かれている。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブラック、ブルー、クリーム、フォーン、グレーの濃淡のバリエーション、シルバーとプラチナ。耳、口吻、尾の先端にブラックのポイントがあれば望ましい。眼の色はブラウン。

トリミングはほとんど必要ないが、良質のピン、ブラシと頑丈なメタル・コームを使ってのブラッシングとコーミングは毎日欠かせない。ふた分かれをセットするために編針を使う人もいるほど。常に耳の中と、尾の裏にフンがついていないかをチェックする。グルーミングをきちんと行っていれば、入浴の必要はあまりない。 運動

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

遠慮深く内気、見知らぬ人には警戒するので、番犬としては最適だ。その反面、自分のファミリーを守護する気持ちが強い。ときには少し頑固になるが、主人やその家族には親愛の情を表す可愛い家庭犬になる。

運動はリードをつけて長時間散歩させたり、塀のある安全な庭で思いきり走り回らせる。ゲームは健康な心身を保つためにも大切。運動中は必ず監視すること。

印刷用画面を表示

</