トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > ノヴァ・スコティア・ダック・トーリング・レトリーバー 詳細情報

ノヴァ・スコティア・ダック・トーリング・レトリーバー

Nova Scotia Duck Tolling Retriever
大型犬
第8グループ
 
レトリーバー、フラッシング・ドッグ&ウォーター・ドッグ(7グループ以外の鳥猟犬)
カナダ
48~51cm
45~48cm
約23kg
約20kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24298_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

この犬の原産地は、南カナダのニューショット半島で、ここはカモやガンなどといった渡り鳥の中継地点でもある。この鳥を狙うキツネ猟の方法は独特。キツネが海岸を飛び跳ねて見せると、好奇心の強いカモはかなり近くまで寄ってくる。それを隠れて待ち受けたキツネが捕まえるというもの。原住民たちは、自分の犬(土着の赤茶色の犬)を使ってこの方法を模倣していたが、白人の入植者もこの特異な狩猟方法を利用しようと、土着の犬であるコッカースパニエル、セター、コリーを掛け合わせてこの犬を作出した。狩猟方法はキツネと一緒だが、カモが驚いて飛び立った瞬間、ハンターが銃で撃ち落とすと、犬は撃たれた水鳥を水中から地上まで持ってくる。カナダでは今もこの犬の狩猟コンテストが行われている。

レトリーバー犬種の中では最も小型。頭蓋骨は平らで、耳付きは高く、V字型で前方へ折れている。かみ合わせはシザース・バイト。コートは滑らかで中くらいの長さ。また、尾のコートは長い。目と鼻の色は明色。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

レッド。目と鼻先のホワイトは認められている。

コートのお手入れは、換毛期以外、ときどきブラッシングする程度でよい。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

とても明るく、人によくなれる。従順でしつけもしやすいため、家庭犬としても人気がある。

毎日の引き運動のほか、時には広い野原などで遊ばせること。

印刷用画面を表示