トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > 日本テリア 詳細情報

日本テリア

Japanese Terrier
小型犬
第3グループ
 
テリア(小獣猟犬)
日本
30~33cm
30~33cm
約5kg
約5kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24293_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

1700年代にオランダから九州の長崎県に渡来してきたスムース・フォックス・テリアに、日本土着の小型犬を交配し、抱き犬として改良されたテリア。九州地方にはじまり、関西地方で発達してきたこの犬は、ミカド・テリアやジャパニーズ・フォックス・テリア、または短毛テリアなどと呼ばれていた時代もあった。昭和の初期に日本テリアクラブが発足し、登録とスタンダードが制定された。

コンパクトでスマートな体型。頭骸は平らで適度に狭く、頭骸と口吻の長さはほぼ同じ。ストップはあまり明確ではない。頬は肉薄であまり張らない。耳は日本テリア独特の笹耳かローズ・イヤー。かみ合わせはシザース・バイト。尾は断尾する。コートは1mm前後と非常に短く、滑らかで光沢がある。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ホワイトの地にブラック&タンのマーキングがある。眼の色は暗色で鼻はブラック。

コートは非常に短いので、やわらかめのブラシか、タオルなどで軽くマッサージをする程度でよい。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

機敏ではつらつとしている。動作は大変俊敏で油断を怠らないので、番犬としても優れている。

とくに外に出さなくても、屋内を自由に歩き回らせるだけでよい。この犬は寒さにとても弱いので、寒い日の散歩は避けたほうが無難。また、飼育環境の温度にも十分な配慮が必要だ。

印刷用画面を表示