四国犬

Shikoku Inu
中型犬
第5グループ
 
スピッツ&プリミティブ・タイプ(スピッツタイプと原始タイプ)
日本(高知県の山岳地帯)
49~55cm
45~51cm
18~24kg
15~20kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24289_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

四国の土佐地方に古くからいる中型の獣猟犬。土佐犬と呼ばれたこともあったが、土佐闘犬と間違われるために土佐闘犬を土佐、中型の獣猟犬を中国と呼ぶようになった。昭和12年に天然記念物の指定を受けている。最近では猟犬としてのみでなく、家庭犬として飼育されるようにもなってきた。動作は俊敏で持久力があり、精悍な感じがする。

オスは男性的で迫力があり、メスはやや小型で細身。胸部は深く肋骨はよく張り、腹は引き締まっている。背中は水平で、腰の幅は広く強靱。額が広く頬の発達もよく、ストップは明確。眼は三角形で目尻がやや前傾してついている。頸は太く力強い。尾は背上に力強く巻き上がるか、差し尾で、尾の長さは飛節に達する。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

胡麻、黒胡麻、赤胡麻、黒トラ、赤トラ。鼻の色はブラックが認められている。

短毛なので軽くブラッシングすればよい。上毛はかたく直毛。尾の毛は多少長め。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

感覚が鋭く、闘争心と警戒心が強い。猟も積極的にする。主人に対しては従順な犬だ。

運動は毎日、定期的にリード運動を行う。

印刷用画面を表示