トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > スタンダード・シュナウザー 詳細情報

スタンダード・シュナウザー

Standard Schnauzer
大型犬
第2グループ
 
ピンシャー、シュナウザー、モロシアン・タイプ&スイスキャトルドッグ(番犬)
ドイツ
45~50cm
43~48cm
14~20kg
12~18kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24270_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

ドイツ原産でとても古い犬種。現在はミニチュア・シュナウザージャイアント・シュナウザー、スタンダード・シュナウザーの3種類のシュナウザーがいるが、このスタンダード・シュナウザーが最も正統なもので、ほかの2種はこの種からつくり出されたと考えられている。3種は非常によく似ているが、それぞれ古くからまったく違った用途で人々の生活を助けてきた。このスタンダードはネズミやイタチなどの小動物の猟犬として改良されたが、多芸多才なことから水鳥猟の猟犬・番犬・家庭犬として広く愛されている。

全体的に四角ばっており、骨量があり、頑健で鋭角的な体型。断耳して立った耳(自然に立つ場合もある)と豊富な眉毛、口髭、断尾した短い尾が特徴。密生したダブルコートはザラザラし、上毛はワイヤー状で下毛は短くやわらかい。四肢や体の下方は長くふさふさしている。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ソルト&ペッパーとブラック

コートのお手入れは重要で、毎日のブラッシング、コーミングが必要。死毛や枝毛はよく取り除き、プラッキングもする。コートの長い部分はとくに念入りに行う。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

勇敢で従順、動作が俊敏で活力があり、訓練能力には大変優れている。オスはほかの動物に攻撃的になる場合もあるので注意すること。

リードをつけて走らせるか、場合によっては広い場所で、自由運動を十分にさせる。

印刷用画面を表示