トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > チベタン・マスティフ 詳細情報

チベタン・マスティフ

Tibetan Mastiff
超大型犬
第2グループ
 
ピンシャー、シュナウザー、モロシアン・タイプ&スイスキャトルドッグ(番犬)
中国
63~69cm
60~66cm
約65kg
約60kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24259_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

この犬種の歴史は古く、数千年の間チベットで家畜の群れを外敵から守ったり、猟犬として活躍してきた。それをイギリスで凶暴さをなくし、服従心のある犬に改良。この犬種の闘争心は旺盛で、どう猛な野生動物の襲撃から家畜の群れを守るため、外敵に対しては勇敢に闘う。広い牧場や敷地、邸宅の侵入者に敏感に反応するので番犬としても優れている。

骨格がたくまくしい超大型犬。頭部は広く大きく力強い。口吻はイングリッシュ・マスティフよりも細いが、あごは太く力強い。眼はハート型で垂れ、耳はブラウンで中くらいの大きさ。尾は軽く巻き、背上に上げている。コートは長く豊かに密生している。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブラック、タン、ゴールド、ブラウン

下毛が非常に密なので、かたいブラシで十分お手入れすること。とくに脱毛の時期にはムダ毛がなくなるまで十分に行う。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

イギリスで繁殖された犬であれば主人に対して従順で服従心のある犬が多い。訓練をすれば護衛犬、番犬として頼りになり、家庭犬としても家族になれ、よき友となる。

スピードは必要ないが、できるだけ長い時間をかけて引き運動をする。

印刷用画面を表示