トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > オーストラリアン・シルキー・テリア 詳細情報

オーストラリアン・シルキー・テリア

Australian Silky Terrier
小型犬
第3グループ
 
テリア(小獣猟犬)
オーストラリア
23~25cm
23~25cm
3.5~4.5kg
3.5~4.5kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24253_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

オーストラリアのシドニーで、オーストラリアン・テリアヨークシャー・テリアをかけ合わせてつくり出され、はじめはシドニー・テリアとして知られていた。都会のペットとしても家畜(ニワトリ・アヒル・ガチョウ・七面鳥など)を襲うネズミを捕らえる犬としても人気があった。1950年代はじめにアメリカに輸入され、1959年にアメリカン・ケンネル・クラブに公認された。

ヨークシャー・テリアに似ているが、やや大きい。体高より体長が高く、背中の線は水平で姿勢は低い。頭部は適度に長くV字型で直立している。両耳の間はあまり離れていない。耳は小さく、眼色は洞察力のある暗色。尾は断尾する。質のよい絹状のコートはかなり長い。頭頂部は豊富で、顔・耳・膝・飛節からは短い。コートは頭部から尾の付け根まで分かれ目があり、左右に分かれている。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

タン&ブルーのあらゆるシェードがある。

ブラッシングは毎日、シャンプーは週1回しないとコートがすぐにもつれてしまう

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

行動的で勇気がある。子供ともよく遊び、我慢強い。独立心、テリトリー意識が強いため、見知らぬ人やほかのペットに対しては攻撃的になりがち。よい番犬になる。

ほかのトイ・ドッグよりも活動的なので、リードをつけて散歩させるか、安全な場所で十分走らせる。服従訓練は必須だ。

印刷用画面を表示