トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > コーイケルホンディエ 詳細情報

コーイケルホンディエ

Kooikerhondje
中型犬
第8グループ
 
レトリーバー、フラッシング・ドッグ&ウォーター・ドッグ(7グループ以外の鳥猟犬)
オランダ
36~41cm
36~41cm
9~11kg
9~11kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24238_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

コーイケルホンディエは、昔からオランダにいるカモ猟の犬。この犬を使って野生のカモを捕まえる方法をコーヘン(間仕切り罠)といい、数百年前から行われている。野生のカモが渡りの途中、運河で休んでいると、コーイケルホンディエが現われ、カモをたくみに運河の端にある網に誘い込む。そこにはイエガモがいて、野生のカモがつられて入り込むようになっている。この犬がカモ猟に適しているのは、ふさ状の白い尾と、落ちついた性質をもつため、カモを驚かせて追い散らしたりしないからだ。しかし、現在はあまりカモ猟には用いられていない。

一見小型のセターやスパニエルに似ている。頭部は小さく、口吻は細く、耳は高い位置につき、前方に垂れている。わずかにウェーブがかった長めのコートが全身をおおっている。この犬の大きな特徴になっている尾には、長くふさふさしたふさ毛がある。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

レッド&ホワイト

コートは長いが、手入れは比較的楽といえる。長い部分はコームを使い、短い部分は週に1回ブラッシングをする。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

明朗活発で利口、繊細でやさしい性格。主人には従順で忠実。主人と一緒にいることを心の支えとし、奉仕に喜びを感じるタイプ。

毎日、散歩程度の運動を行う。

印刷用画面を表示