トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > アメリカン・コッカー・スパニエル 詳細情報

アメリカン・コッカー・スパニエル

American Cocker Spaniel
中型犬
第8グループ
 
レトリーバー、フラッシング・ドッグ&ウォーター・ドッグ(7グループ以外の鳥猟犬)
アメリカ
約38cm
約36cm
約13kg
約12kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24011_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

セターやスパニエルの子孫であるコッカー・スパニエルは、今日のスポーティング・ドッグの中でも最も小型の犬。17世紀までは全てのスパニエルは一緒のグループになっていたが、水中用と陸用とに分けられることになり、その後、陸用の犬は小型犬と大型犬に分けられた。またこの両種類はさらに分類されて、家庭犬になったり、愛玩犬になったりしていったが、コッカー・スパニエルは、スポーティング・ドッグにとどまった。有能な鳥猟犬で鳥に忍び寄ることが上手なことから、ヤマギシ猟に最適であるということで“コッカー”と名付けられた。1970年から1880年にアメリカに紹介され、日本では1955年ごろから知られるようになり、後に、ディズニー映画『わんわん物語』の主人公になったことで、一躍世界中に知られるようになった。

猟犬の中では最も小型で可愛い犬。短くしっかりした胴体は胸深があり、背中は肩甲部より腰にかけてまっすぐに傾斜している。頭部には明瞭なストップがあり、広い。口吻は四角ばっていて、長く垂れ下がった耳は低い位置について、尾は断尾する。絹状のコートはまっすぐか、ややウェーブしている。耳のコートは豊富で、胸、腹部、四肢にもふさふさとしたコートがある。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブラック・ブラック以外の単色・2色以上の毛が混ざるパーティカラー・単色の場合は胸の小さな白斑以外の白はショーでは許されない。

コートのお手入れは週に2回、45分ほど行う。頭部や顎の周囲、肩などはいつもきれいにカットしてコートを整えておく必要がある。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

明るく、愛情こまやかでおとなしい。友好的で子供たちともよく遊ぶ。大胆でいきいきしているが、注意力もあり、覚えも早いのでしつけしやすい。ただし、1回でも恐ろしい思いをすると注意力が劣ってしまう。また仔犬のころ、過保護にするとわがままになり、うるさく不健康な犬になるので注意したい。しつけは毎日行うようにする。

スパニエルは都会でもよく適応できるが、運動は十分にさせて、肥満にならないように注意しなければならない。

印刷用画面を表示