トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > キースホンド 詳細情報

キースホンド

Keeshond
中型犬
第5グループ
 
スピッツ&プリミティブ・タイプ(スピッツタイプと原始タイプ)
オランダ
46~52cm
43~49cm
約18kg
約16kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24010_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

北方系の犬ゾリ用の犬を祖先とするキースホンドは、オランダで愛好され、18世紀には専制君主に対抗する愛好者たちのマスコットとなった。キースホンドという名前も、その愛好者グループの頭領だったケース・デ・ギゼールに由来している。反体制の象徴であることから姿を消した時期もあったが、川船の船長や農民たちの間で、密かにこの犬を原形のまま保存しようと熱心に繁殖が続けられ、今日では家庭犬として愛されている。

体長と体高の長さが等しく、背は短い。くさび形の頭部に、小さく直立した三角形の耳が高い位置につく。眼はアーモンド型で、濃いブラウン。きつい巻き尾は背負っている。コートはダブルコート。長くまっすぐな上毛は、体から離れるように開立している。下毛は、厚くうぶ毛のよう。産まれたときはブラックからシール・ブラウン。生後4ヶ月で薄いホワイトからクリームになる。5ヶ月から1歳半の間にマーキングが現れる。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

淡いグレー、またはクリームの下毛に、グレーとブラックが混じった上毛。毛先にはブラックのティップが入る。四肢はクリーム。尾はライトグレーで、毛先にブラックが入る。メガネのようなマーキングが特徴。

豊富なコートは毛玉にならないように、1週間に2回、45分ほどのブラッシングをする。コートをやわらかくする恐れがあるので、入浴は必要以外はさせない。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

愛情がこまやかで優しい性格。ほとんど完璧といえるほどの家庭犬。注意深く、忠実で番犬にも適しているが、誰にでも好意を寄せる傾向もある。子供たちとは並はずれて仲良くする。

運動は必要だが、都会でも飼える。

印刷用画面を表示