甲斐犬

Kai Inu
中型犬
第5グループ
 
スピッツ&プリミティブ・タイプ(スピッツタイプと原始タイプ)
日本(山梨県南アルプス山岳地帯を中心とする地方)
約50cm
約45cm
11~23kg
10~20kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24006_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

山梨県の南アルプスを中心とする地方にいた中型の獣猟犬で、甲斐というこの地方の呼び名から犬名がつけられた。集団性が強いため、イノシシやシカ猟に用いられたが、他犬種を近づけないことから、純血が保たれたと考えられている。この犬は成長するにつれて、毛色が虎のようになることから、“甲斐虎”とも呼ばれている。昭和9年に天然記念物に指定された。

オス・メスの違いがはっきりとしていて、オスは男性的で、メスは女性的な雰囲気をもっている。ボディは均整がとれ、筋肉はかたく、無駄な皮下脂肪がない。寒暑や風雪によく耐え、持久力に富んだ山岳犬としての特性をもつ。背は水平で短く、腰は発達し力強い。額は広く、溝は浅い。唇は引き締まり、かみ合わせはシザーズ・バイト。巻き尾と差し尾がある。ダブルコートで、下毛はやわらかく密生し、上毛はかたい直毛。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

黒虎、赤虎があるが、胸と下肢部にホワイトがあるものもいる。

コートのお手入れは短毛なので、毎日短時間ブラッシングする程度でよい。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

感覚は非常に鋭敏で勇敢、かつ沈着。主人には実に従順だが、他人には警戒心が強い。

動はリードをつけて、30~40分の引き運動が必要。

印刷用画面を表示