紀州犬

Kishu Inu
中型犬
第5グループ
 
スピッツ&プリミティブ・タイプ(スピッツタイプと原始タイプ)
日本
50~56cm
45~51cm
15~23kg
12~20kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
23990_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

日本の山岳地方(とくに和歌山県、三重県)の中型の猟犬で、地方名から紀州犬と呼ばれている。紀元前の古くから主にイノシシ狩りに用いられてきたが、ある地方では紀州の中でも、細身でスピード感のある犬をシカ狩りに用いていた。昭和9年に天然記念物の指定を受けた。現在は家庭犬として、またイノシシ猟犬として活躍している。

均整のとれた中型の獣猟犬で、骨格、筋肉ともによく発達している。歩様は弾力的で持久力に富んでいる。素朴で地味だが気迫と気品がある。体高10に対して、体長は11の割合。背中は水平で、腰は幅広く強靱。頭部は額が広く、頬は比較的よく発達し、ストップは明確。口吻はやや太くくさび型で、かみ合わせはシザース・バイト。眼は三角形で目尻がやや吊り上がり小さめ。眼色は暗褐色。耳は三角形の立ち耳。尾は太く背に巻き上げるか、上に巻き上げた差し尾。コートは下毛がやわらかく密生し、上毛はかたい直毛。頬と尾のコートが多少長い。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

白、赤胡麻などがある。

コートのお手入れは通常、毎日の簡単なブラッシングをする程度でよいが、春から夏にかけての抜け毛の多い時期には、下毛の抜け毛をよく取り除くようにする。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

俊敏で、他人に対しては警戒心が強いが、主人には忠実で従順。命令されると、どんな困難にも立ち向かう勇気をもつ。

リードをつけて毎日30~40分程度の引き運動をさせる。

印刷用画面を表示