トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > カーリーコーテッド・レトリーバー 詳細情報

カーリーコーテッド・レトリーバー

Curly-coated Retiever
大型犬
第8グループ
 
レトリーバー、フラッシング・ドッグ&ウォーター・ドッグ(7グループ以外の鳥猟犬)
イギリス
60~67cm
58~63cm
29~35kg
25~32kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
23985_ext_16_0.jpg

しつけや訓練は長時間かけたほうがよく、幼犬のころからはじめるとよい。

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

祖先はイングリッシュ・ウォーター・スパニエル、アイリッシュ・ウォーター・スパニエル、プードル、ニューファンドランドなどではないかと考えられている。起源については、漠然としているにも関わらず、古い犬種のひとつと考えられており、今日ではレトリーバー種として分類されている。はじめてショーに出場にしたのは、1860年のイギリスであった。カモ猟で獲物をレトリーブ(回収運搬)する犬として、オーストラリアとニュージーランドで普及し、1907年にアメリカに輸入された。

力強い体格。胸は深くよく発達し、後背も筋肉がよく発達している。長くやや小さめの頭部はボディとよく調和がとれている。耳は顔の低い位置についている。尾も含む全身がカールしたコートにおおわれている。眼色はブラック。
肩と腰部のコートがカールしていないものは、ショーでは欠点とされる。ほかの水鳥猟で用いられる犬と同様に、コートは上毛が厚く、寒さや湿気から皮膚を保護し、長時間水中で活躍することができる。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ブラックとレバーで、わずかにホワイトが混じるものは許される。

豊富でカールしたコートにも関わらず、手入れはさほど必要としない。しかし、ブラッシングは定期的にしてやらなければならない。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

家庭犬としては飼い主に忠実でおとなしい。また、悪天候のときでも積極的に飛び込んで仕事をする作業犬でもある。とても気品を備えているが、頑固な一面もある。見知らぬ人には警戒心が強いため、ほかのスポーティングドッグよりも、番犬として優れている。

頑健で非常にスタミナがあって、とくに戸外と水中の両方での激しい運動を好む。もし閉じ込められた環境で飼育すれば、気まぐれになり、非常に騒々しい犬になってしまう。それほどこの犬にとって運動は大切なものである。リードをつけて長時間運動するよりも、野外で棒を投げて持ってこさせるゲームのほうが、この犬にとって効果的な運動になる。

印刷用画面を表示