トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > アメリカン・スタッフォードシャー・テリア 詳細情報

アメリカン・スタッフォードシャー・テリア

American Staffordshire Terrier
中型犬
第3グループ
 
テリア(小獣猟犬)
アメリカ
45~48cm
42~45cm
約20kg
約18kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
23972_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

スタッフォードシャー・ブルテリアとブルテリア、この2犬種とルーツを同じくして、勇敢で力強く、まさにケンカをするために改良され、繁殖されてきた犬といえる。ユナイテッド・ケンネル・クラブ(UKC)にはじめて公認されたのは1898年で、アメリカン・ピット・ブル・テリアという名称を授かった。1936年には、アメリカン・ケンネル・クラブ(AKC)でも、スタッフォード・テリアの名称で公認されたが、1972年に正式名をアメリカン・スタッフォードシャー・テリア(通称アム・スタッフ)とした。これはより体重の軽いイギリスのスタッフォードシャー・ブル・テリアとの区別をはっきりさせるため。今日でも、上記ふたつのドッグクラブは、それぞれの正当性を依然として主張し合っている。

体は筋肉質で、四肢は骨太。力強い頭部は大きくウェッジ型で、深いストップがある。頭蓋の下のほうについている眼は丸く、色は濃い。耳はピンと立っているか、またはバラの花弁の半分の形(ハーフ・ローズ)で断耳するか、短いため断耳しないかのいずれか。短い尾は先細りで、先端は極めて細い。コートはツヤがあり滑らか。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

ホワイト以外ならどんな色でも認められる。UKCの場合、マーキングはどんな色でもよいとされている。

コートのお手入れは特別なことは必要ないが、剛毛用ブラシでブラッシングし、籾殻ですり落としを行えば、健康でつややかな状態が保てる。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

保護本能が発達していて、飼い主の気持ちに敏感に反応し、服従訓練もしやすい。監督を怠ると、ほかの犬とケンカをすることもあるので、決して自由に歩き回らせないこと。

リードをつけての長時間の散歩と駆け足運動は、体調を整えるためにも欠かせない。

印刷用画面を表示