トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > アフガン・ハウンド 詳細情報

アフガン・ハウンド

Afghan Hound
大型犬
第10グループ
 
サイトハウンド(視覚獣猟犬)
アフガニスタン
68~74cm
63~65cm
約27kg
約23kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
23971_ext_16_0.jpg

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

アフガニスタン原産で、世界中の犬種の中でもとくに古く、約6000年の歴史をもつ。大昔は、羊や牛馬の護衛をしたり、狩猟犬として、レパードやガゼルの猟でも活躍していた。20世紀はじめまでは、イースタン・グレーハウンドやペルシャン・グレーハウンドなどと呼ばれていたが、1907年、イギリスのドッグショーに出場したペルシャン・グレーハウンドのサーディンという犬が、近代アフガン・ハウンドの基礎となった。かつては粗野で神経質とされていたアフガン・ハウンドだが、愛好者によって従順で温和な犬に改良され、現在では猟犬としてよりも、鑑賞犬として人気が高い。

体高があり、ほっそりしてグレーハウンドのような体型。一見して腰高の姿は、原野を駆けるのに好都合で、大きな特徴になっている。頭蓋は狭すぎず、後頭骨が隆起している。顔立ちは気品にあふれ、貴族的。長い顔だが、かみ合わせはレベル・バイト。コートは両脇腹、大腿、四肢、尾、足先に絹のような長いコートが豊富に生え、頭頂部にも長い飾り毛がある。前頭と肩、背、尾の先端のコートは短い。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

フォーン、ゴールド、クリーム、レッド、ブルー、ホワイト、グレーのほか、ブリンドル、トライカラーもある。ただし、頭部にホワイトのマーキングがあるのは、大きな欠点とされる。

毎日15~20分、コーミングとブラッシングを行う。コートが長い箇所は入念に。入浴は月に2~3回、洗った後はドライヤーでコートを整える。耳が垂れ下がっているので、耳内の毛を取り除き、丁寧に掃除して清潔に保つ。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

スマートな体型。美しく長いコートをもち、顔立ちも優美。体も頑健で、独立心も旺盛。知らない人にはなれないので、臆病に見えることがあるが、攻撃的ではない。とても利口で、しつけや訓練もどんどん吸収する。番犬としても優れており、態度は毅然としていて威厳がある。元来の猟犬としてよりも、家庭犬としての魅力のほうが評価されている。

走ることが好きなこの犬種は、朝晩1~2時間は、屋外でスピードのある運動をさせることが必要。

印刷用画面を表示